足のカタチは美しい姿勢の要。「MAQUIA」12月号の付録のくびれ足指パッドを使ってエクササイズすれば、足に正しく重心がかかって姿勢が改善! ぽっこりお腹もみるみる解消できる♪ 姿勢矯正してくびれを手に入れるトレーニングを、美姿勢王子こと花岡正敬さんにおききしました!

Image title姿勢クリエイター・パラリンピック公式トレーナー

花岡正敬さん

理学療法やピラティスなどの理論から、姿勢や体型改善を目的としたメソッドを考案。3万人以上に施術、指導を行う。

『たった1分でお腹が凹む「やせる姿勢」のつくり方』

姿勢のクセを改善して、ぽっこりお腹を解消する簡単な方法を紹介。¥1000/永岡書店


Qあなたはどのくらい当てはまる?

溜め込みむくみタイプチェック!

□靴のかかとのすり減り方が左右違う

□スカートが左右どちらか一方にまわる

□食事のあと、お腹がぽっこり出る

□首や肩がこりやすい

□お尻が幅広になっている

・・・ひとつでも当てはまったらダメダメ姿勢タイプ。

⇒くびれ足指パッドで姿勢矯正しましょう!


足への重心のかけ方次第で誰でもくびれは作れる!

姿勢クリエイターの花岡正敬さんによると、崩れた姿勢はくびれのない寸胴の原因になるという。花岡正敬さん「お尻が突き出た反り腰は、ぽっこりお腹の原因に。背中が曲がった猫背だと、太鼓のようなでっぷりとしたお腹になってしまいます」。

崩れた姿勢を正しく戻すには、足の形を見直す必要があるそう。花岡正敬さん「足の親指・小指・かかとの3点で体を支えているのが正しい状態。しかし親指から小指の間の骨が作る横アーチが崩れると、どちらかに重心が偏り、姿勢の歪みにつながるのです。私が監修した付録の“くびれ足指パッド”を使ってエクササイズすれば、崩れた横アーチが復活して姿勢が整うほか、くびれを取り戻せます!」


【くびれ美人の姿勢】

足の横アーチができて重心を3点で支えられるようになると、姿勢が整ってお腹まわりがスッキリ。立つときに肩や骨盤など、体の中心軸が、一直線になるよう意識して。


体の中央を真っすぐにImage title

体の中に真っすぐな一本の軸を意識して。横から見ると背骨が緩やかなS字カーブを描き、耳・肩・骨盤の上辺・膝・かかとの少し前が一直線になるように。


くびれ足指パッドで横アーチを作ろう!Image title立つときの重心は、親指・小指・かかとの3点に均等に。正面から見たときに足指がなだらかな横アーチを描いていれば、正しく支えられている証拠。付録のパッドのリングを親指と小指にはめれば自然と3点に意識が向き、正しい横アーチが!

Image titleCHECK POINT!Image title

・横アーチがある

・親指、小指、かかとの3点で体重を支える


「MAQUIA」12月号付録【くびれ足指パッド】の使い方はこちら≫≫


【NG姿勢①】反り腰

小指に重心でぽっこりお腹にImage title

足の小指側に重心が傾くと、骨盤が前に倒れて反り腰に。内臓が下がってぽっこりお腹になる。O脚の原因になるほか、デカ尻、タレ尻になることも。


【NG姿勢②】猫腰

親指に重心で立派な太鼓腹にImage title

親指に重心が傾くと、骨盤が後ろに倒れて背中が丸く。猫背になって内臓が前に押し出され、太鼓腹になる。X脚になったり、バストが垂れる恐れも。


【次ページをチェック!】普段の歩き方&座り方をチェック!>>>

歩き方

歩くときは、なんとなく足を前に出すのではなく、重心や筋肉を意識しよう。両足は肩幅くらいに開いて、歩幅は歩きやすい程度で。大きすぎると反り腰になるので気をつけて。

1.地面を蹴って前へ進むImage title

片脚を前に出し、かかとから下ろす。後ろ脚は親指と人さし指の間に重心をかけ、地面を後ろに蹴るイメージ。

2.腹筋を意識して脚を上げるImage title

地面を蹴った脚は、腹筋を使って上げて、前へ出す。逆脚の重心をかかとから、親指と人さし指の間に移す。


座り方Image title

座っている間の姿勢にも、気をつけるべし! デスクワークなどで長時間歪んだ姿勢を続けると、筋肉にクセがついて、立ったときに意識的に姿勢を正そうとしても困難になります。


1.骨盤を垂直に立てる

両足を肩幅に開き、膝は真っすぐ前を向けて。骨盤が真っすぐ立つよう、下腹部に力を入れて。


2.上半身は真っすぐに

正しい座り方を、横からチェック。膝は、直角より少し内側に曲げて。耳・肩・骨盤は一直線に。


座り方NG集Image title

骨盤が倒れて猫背に!

お腹に全く力が入っていないため、骨盤が後ろに倒れて猫背に。これではお腹が前に出てしまう。


重心が流れてくびれが消失

体重が片側に流れると、流れた側のくびれがなくなる。さらに脚を組めば、骨盤が歪んでしまう。


【次ページをチェック!】簡単なエクササイズ&体操で姿勢矯正!>>>

エアウォーキング

かかとの上げ下げで、歩くときに必要な蹴る力を養おう! お腹を引っ込めて、頭を天井から吊られているイメージを持つのがコツ。お腹やふくらはぎ、ヒップの引き締めにも効果的です。


1.脚を前後に開いてふくらはぎを伸ばすImage title

両手を壁につけ、後ろ脚のふくらはぎが伸びるくらい脚を前後に開く。親指・小指・かかとに重心がかかるよう意識して。


2.かかとを持ち上げ重心を指先にImage title

両足のかかとを上げて、親指と人さし指の間に全重心をかける。3秒キープしたら前後の脚を変えて、1と2を繰り返し。


おでん体操

串に刺さった“おでん”になったつもりで、体をひねるエクササイズでくびれをメイク。下半身は足の指で床をつかむように固定。ウエストやお腹まわりが、キュッと絞られるのを感じて。


1.両手を頭につけて立つImage title

両手を頭の後ろにつけて、両足を肩幅に開く。串に刺さったおでんになったつもりで、体の中心を真っすぐに。


2.腰から左右に体をひねるImage title

下半身はなるべく動かさずに、腰から上半身を左右に5回ずつひねる。足の指で地面をつかむよう意識すること。


MAQUIA12月号

撮影/藤澤由加 石澤真実(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 新見千晶 野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ  イラスト/3rdeye 取材・文/風間裕美子 高見沢里子 構成/火箱奈央(MAQUIA) 撮影協力/アワビーズ


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★こじはる くびれの5つの秘密~「なんにもしてない」は建前です~≫≫


お腹、二の腕、背中のハミ肉… パーツも全身も!【美ボディ変身エクササイズ】≫≫

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share