「MAQUIA」2月号から、キュッと上がった最強ヒップの持ち主として有名な、加治ひとみさんの“ヒップ”の秘密に迫ります。
Image title

色っぽいけどヘルシー。

実は努力でできている。
#かぢヒップのつくり方

モデルやアーティストとして幅広く活躍中の加治ひとみさんは、キュッと上がった最強ヒップの持ち主としても有名。ストイックな努力とあくなき探求心によって作り上げられた、噂の“かぢヒップ”の秘密に迫ります。


体作りを始めたきっかけは
デニムをカッコよくはきたいから

「ヒップに厚みがなかった頃は、デニムをはくとお尻の生地が余って、横から見たラインも貧相。後ろ姿が男の人みたいなことが悩みでした。その後、ウエストからヒップにかけてのS字がしっかりあるとデニム姿がカッコよく見えると気づき、体作りをスタート。服が似合う体になると、女性でいることを楽しめる気がします」


体のわりに大きめのお尻は
自分でも気に入ってる

「私のお尻って、意外と横幅があるんです。ウエストとの差がけっこうあるので、その点は合格かな。ただし、横から見た厚みはまだ不足中。立体感を強化して、お尻と脚の境目のコントラストをつけたいですね。日本人には難しいと言われるけれど、自称“お尻研究家”としてはぜひ極めたい(笑)!」

きれいなお尻は
努力の証

「胸は下着でどうにか寄せられるけれど、お尻の場合そうはいかない。その上、お尻ってちょっと筋トレしただけで簡単に変わるようなパーツではないんです。実際、日本人でイケてるヒップの持ち主は10人に1人もいないかも。だからこそ、ヒップが上がっていて後ろ姿が美しい人を見ると、努力家なんだなと感じます」


今の体型は
5年かけて作り上げた

「ヒップ作りを始めたのは5年前。最初の3年は筋トレが中心でしたが、多少たるみが改善したもののボリューム感は変化ナシ……。そんな時にピラティスの先生から『ジムトレだけ頑張ってもダメ。普段の姿勢や歩き方を変えることが大切』と言われて意識するように。そこから少しずつ厚みが出るようになり、今のお尻に至っています」

「5年かけて作り上げた」#かぢヒップ のヒミツを加治ひとみさんに聞きました!_1_1

モチベーションは
海外モデルのインスタ

「理想のお尻を目指して頑張ってはいても、トレーニングが面倒になる日も……。そんな時のために、モチベーションを上げるものを作っておくことが大切! 私の場合は、ヴィクシーエンジェルなどの海外モデルやアレクシス・レン。インスタで彼女たちのヒップを見ると、諦めずに頑張ろうと気合が入ります」

「小尻だけど丸くて上がっていて本当に綺麗。細いウエストとのメリハリ感も最高♡」

「5年かけて作り上げた」#かぢヒップ のヒミツを加治ひとみさんに聞きました!_1_2

ずっとコンプレックスだった
薄っぺらい体

「昔から体が弱くて、放っておくと痩せちゃう体質。お尻もぺったんこで、厚みのあるヘルシーなボディに憧れていたんです。今は目指すところに近づいてはいるけれど、自分的にはまだ7合目。もう少しラインを整えたいかな。達成するまでやめない性格なので、ついやりすぎちゃう(笑)」

「丸みもボリュームもなかった頃。ここから挫折もありつつ試行錯誤を重ねて、お尻を作っていきました」

「5年かけて作り上げた」#かぢヒップ のヒミツを加治ひとみさんに聞きました!_1_3
「5年かけて作り上げた」#かぢヒップ のヒミツを加治ひとみさんに聞きました!_1_4


MAQUIA2月号

撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉 ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/加治ひとみ 取材・文/真島絵麻里 企画・構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share