✓毛穴が目立つ
✓いつも乾燥している
✓顔色がどんよりしている


……このような“なんとなく”の肌不調の原因は、肌細胞のすみずみまで水分が行き届いていない「うるおい不足によるハリ低下」にカギがあるといわれています。


こういった原因のもとにアプローチし、生き生きとした肌を目指すためには?


いくら保湿をしてもうるおいが保てないという状態の肌に、角層全体に水の通り道をつくって巡らせることに着目したのが、オルビスの人気化粧水オルビスユー ローション」。



肌の細胞内部をしっかりとうるおいで満たし、本来の力を発揮しやすい肌環境に整えます。



こちらのローションは以前にもMAQUIA ONLINE編集部様からいただいて使ったことがあったのですが、今年もありがたいことにお試しいただく機会をいただきました!



年々肌の変化を感じるようになったからこそ、あらためて実感したうるおい力に感動!

見た目年齢のカギにアプローチ! “とろぱしゃ”感触の「オルビスユー ローション」_1

見た目年齢のカギにアプローチ! “とろぱしゃ”感触の「オルビスユー ローション」_2

 とろ~りとしたコクのあるテクスチャーで、肌を包み込むようになじむ“とろぱしゃ”感触。このとろみ膜で美容成分を抱え込んでいます。
アマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキスといった植物由来の成分が水分の滞りを解消へと導いてくれます。

見た目年齢のカギにアプローチ! “とろぱしゃ”感触の「オルビスユー ローション」_3

肌に伸ばすと、肌の上でぱしゃっと弾けて美容成分が浸透。


けっこうこっくりとした濃密な液体なので、肌にちゃんと馴染むのかな?と思いますが、肌を擦ったり何度も塗り広げる必要はまったくなく、丁寧にハンドプレスをしていくと、数回でじんわりと馴染んでいき、肌の上でとろみ膜が再形成されてうるおいヴェールでぴったりと水分を抱え込んでくれるのが実感できます。

見た目年齢のカギにアプローチ! “とろぱしゃ”感触の「オルビスユー ローション」_4

馴染んだ後の肌は、もっちりとした弾力とうるおいがありながらもベタつきは一切ないので、朝たっぷりと使ってもメイク崩れしにくく、うるおいが続いて化粧ノリもよくなる気がします♪


さらに、無油分、無香料、無着色、アルコールフリー、界面活性剤不使用で弱酸性なので肌に刺激を感じやすい人でも安心して使えます!


年齢を重ねるごとに気になるエイジングサインを解消したい人だけでなく、性別、肌質など問わず、どんな方でも幅広く愛用できるのが、人気のヒミツなのかな。


季節の変わり目の今は、刺激や、うるおい不足による肌不調を感じやすい時期なので、スキンケアアイテムのスタメンに常備しておきたい安心アイテムです!


MAQUIA エキスパート

yukina

10年目/乾燥肌/ブルーベース

トータル美容のエキスパート

得意なジャンルは、メイク全般、新商品レポート。メイクデビューしたのは2歳から!美容ライター、メイク講師、元美容部員経験を活かして、誰でも簡単にできる美容テクやメイクの小ワザを発信。

share