田辺彩です!

これまで医療用医薬品であった
『ヒルドイド』*ヘパリン類似物質 


皮膚科などで処方される“薬”であったこちら、
その保水力から美容目的で処方を望む人が多く、


→処方薬(治療薬)なので副作用の可能性がある
→防げないなら、保険適用外になるかも…
→そうすれば本当にこの薬が必要な人に行き渡らなくなる…

と一時問題になったのも記憶に新しいのでは。
でも、朗報です!



長きに渡り日本人の肌・美容研究を続け多くの知見を持つ


KOSE(コーセー)
そしてヒルドイドをはじめ、
これまで多くの皮膚薬を開発してきた
MARUHO(マルホ)
この2社が協働で
コーセーマルホファーマ株式会社を設立。


そのコーセーマルホファーマ株式会社から
ヒルドイドの素晴らしい性質・特徴をもつ
化粧品・美容目的の製品として

2020年9月16日
Carté(カルテ)ヒルドイド
が発売になります!!!


【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_1

今回、MAQUIA ONLINE編集部より化粧水を提供いただき一足早く使用中。
早速ご紹介していきますね。

カルテ ヒルドイド モイスチュア ローション
150ml 1,800円(税抜)*医薬部外品

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_2

とろっと濃厚、
美容液のようなテクスチャーの化粧水!

肌の保水に大切なうるおい構造(角層ラメラ)に働きかけ、
角層のすみずみまで
しっかりうるおいで満たします。

もっちり、と言ってもいいほどのとろみなのに
肌に乗せればほどけるようにすっととろけ、
肌になじむのが不思議…!

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_3

本当にもっちりとした肌に。

ベタついたり、ペタペタしたりしないので
朝のスキンケアにも活躍中。
気になる頬の毛穴やキメの乱れも、
たっぷりのうるおいでカバー。

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_4

ボトルを傾けても
しばらくは出てこないほどの濃密感触!

とろんとした柔らかなテクスチャーは、
生理日前後の敏感に傾きがちな肌や
マスク着用でカサついた肌にも使いたくなる
やさしい使い心地。

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_5

気になる成分はこちら↓

●保水成分 ヘパリン類似物質HD
●うるおいバリアCPX *アミノ酸、セウクワランほか
●うるおい浸透カプセル

ヘパリン類似物質のみならず多くの美容成分がIN!
これは期待が高まります…!

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_6

カルテ ヒルドイドシリーズから発売となるのは

化粧水:カルテ ヒルドイド モイスチュア ローション
乳液:カルテ ヒルドイド モイスチュア エマルジョン
クリーム:カルテ ヒルドイド モイスチュア クリーム
オールインワンゲル:カルテ ヒルドイド モイスチュア インストール

の4製品。
様々な肌悩み・肌トラブルにアプローチしてくれる
心強いラインナップ。

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_7

✓丁寧にケアしていても乾燥が気になる
✓肌のカサつきが気になる
✓季節の変わり目に肌が揺らぐ(不安定になる)
✓肌あれを繰り返してしまう


そんな方に、ぜひ一度お試しいただきたい
“お守り化粧水”
これからやってくる季節のエアコン乾燥対策にも。
この秋冬、頼れる存在になりそうです。

【待望の製品が誕生】Carté(カルテ)ヒルドイドの高保湿化粧水で使うたびに自らうるおう肌へ【スキンケア】_8

「やっとお会いできました」

というキャッチコピーにも製品への自信が伺えます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

https://carte-beauty.com/

share