これを知ったらリステリンを使わずにはいられない!!!

そんな衝撃を受けたリステリンセミナーに参加してきました。

Image title


まずみなさんご自身の歯が何本あるのかご存知ですか?

そう言われるとそんなこと考えたことない…という方が多いのではないでしょうか?

正解は28本!(親知らずを入れると32本だそうです)

Image title


そしてこの28本の歯…80歳になって残っているのは何本くらいだと思いますか? →

そしてこの28本の歯…80歳になって残っているのは何本くらいだと思いますか?

正解は…10本!たった10本しか残らないのです…

しかも、驚いたのが歯を失う原因がう蝕(虫歯)かと思ったら…なんと圧倒的に多いのが

歯周病!!! なんと歯を失う原因の半数近い43%も…!

Image title


ギネスブックにも載っているほど、全世界で最も蔓延している病気は、歯周病なのです…!

しかもなんと…7割以上が20代で歯周病になってしまっているそう…

わたし自身もそんなに歯周病を意識したことがなくて、このお話を聞いて衝撃でした!

 

歯周病ってそんな怖い病気なの?と思っている方…

歯周病を甘く見てはいけませんよぉー!

 

何故歯周病になってしまうかというと…

歯と歯肉の間に歯周ポケットというものがあるのですが、それは大体1mmほどだそう。

それに対して、歯ブラシでは0.5mmまでしか届かないのだとか。

なので、ブラッシングだけでは十分汚れを取ることができずに、その汚れが「バイオフィルム」という細菌になって、

徐々に歯を支えている骨を溶かしてしまうのだそうです…

Image title


朝起きたときに、お口の中がヌメヌメしていたり、ネバネバしていることありませんか?

あれが「バイオフィルム」という細菌なのです。

このバイオフィルムは、排水溝のヌメヌメと同じもの。

これが「細菌の塊」バイオフィルム…これがお口の中にいると考えただけで…汗

Image title


 

更に…歯磨き(ブラッシング)でケアできるお口の面積は、なんと25%!!! 

それは、どういうことかというと…→

更に…歯磨き(ブラッシング)でケアできるお口の面積は、なんと25%!!!

でも確かに…歯だけ磨いても、お口の中には舌もほっぺの裏も…歯以上に面積が広い範囲がありますもんね!

もちろん歯以外にもバイオフィルムはたくさんいます…

Image title


 

これは歯磨き後の舌苔のバイオフィルムです…

歯磨きをしたのに、舌の上にはまだこんなにもバイオフィルムが…泣

Image title


 

そして、こちらはマウスウォッシュをした後の舌のお写真!!!

バイオフィルムいない!!!

Image title

これを見ただけで、もうリステリンをしないと、居ても立ってもいられなくなりますよねー!!!

 

だからみなさん…リステリンしてください! →

だからみなさん…リステリンしてください!

わたしは、このセミナーを受ける前までは歯を白くしたいとか、口臭ケアという目的で、リステリンを使っていたのですが、

このセミナーを受けさせていただいて、それ以上に歯周病予防!という目的で、リステリンが必須になりました!!!!


しかも、身近にあって、歯医者さんに行くことを考えたらとっても低価格…!

これはもうリステリンさんに頼るしかありません!!!

Image title


そんな訳でわたし…リステリン21日間チャレンジします!

また追って書かせていただきますね♪

Image title

Johnson & Johnsonのみなさん…MAQUIA ONLINE編集部のみなさん…

たくさんの気づきの機会をくださってありがとうございます♪

おばあちゃんになっても元気な歯でいられるように…

いつまでもニコっと笑えるように…リステリン使い続けます!!!


2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share