2021年下半期コスメの総決算。
今からコスメを買う方は、まずMAQUIA 1月号を見てからにして下さい!

MAQUIA2022年1月号

今月号もサンプル付録が充実!!


特別付録
●エトヴォス アルティモイストローション 20mL/アルティモイストセラム 10mL


貼り込み付録
●イプサ ザ・タイムR アクア(薬用化粧水) 2包
SHISEIDO アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ 1包


ミニボトルとはいえ、ローション&セラムのセットって太っ腹、エトヴォスさん。
ローションは現品の6分の1、セラムは現品の5分の1の量ですよ。
いいですか?ローションは4180円、セラムは5280円です。つまり合計約1750円相当ってことです。いいんですか!?


もちろん、中身も大充実。
今月号のメイクページで目を引いたのは、カラーメイクのテクニック。
まずは『人気アーティストのMYベストヒットメイク』から、林由香里さんの暖色系ワントーンメイクに寒色系のマスカラを合わせる技ありメイク。

【完売必至】1700円以上相当のコスメが付録!? ベストコスメにコスメ収納情報も!! MAQUIA1月号本日発売_2

アディクションビューティ ザ マスカラ カラーニュアンス WP 008 4180円(込)


マスクメイク時代で、マスカラはカラーものしか使わない勢いの私ですが、このダスティブルーは新鮮!


こちらもアディクション
ベスコス受賞コスメ、河北メイクはこう使う!』から、道重さゆみちゃんのまつ毛がアプリコットカラーに染まってます。

【完売必至】1700円以上相当のコスメが付録!? ベストコスメにコスメ収納情報も!! MAQUIA1月号本日発売_3

アディクションビューティ ザ マスカラ カラーニュアンス WP 004 4180円(込)


独特な赤みが可愛い!
まさにマスク生活のメイクのスパイスになりそうなカラーマスカラです。


そして今月号は何といってもこの特集が見逃せません!
MAQUIA2021下半期ベストコスメ発表

【完売必至】1700円以上相当のコスメが付録!? ベストコスメにコスメ収納情報も!! MAQUIA1月号本日発売_4

ベスト・オブ・ベスト大賞を受賞したのはあの名品美容液の初のリニューアル版。
私はMAQUIAの太っ腹ミニボトルに加え、3日分のパウチサンプルで試しましたが、その高い保湿力と肌なじみのよさのバランスに感動。現品、欲しくなりました。


私のおすすめコスメはこちら。

エピステーム ステムサイエンス RXクリーム

エピステーム ステムサイエンス RXクリーム 45g 55,000円(込)


私はマキアオンライン編集部様よりご提供いただき、夏から愛用。おいそれとおすすめできるお値段ではないのですが、肌印象というより顔印象を変えるクリームなので、肌悩みが深刻化してくる40代後半(ギ☆世代)の方にこそお試しいただきたい。
→『再生医療の最先端テクノロジーをコスメにも!「エピステーム ステムサイエンスRXクリーム」をお試し』


今年は特に、プチプラのバズりコスメが多く出たのも特徴。
人気プチプラブランドの表ヒット★裏ヒットはこれだ!

プチプラブランドのヒットコスメ

累計出荷数100万本を突破、いまだに入手困難なあの超バズリリップも掲載。
その他、試したいアイテム満載な上に、ヘア&メイクGeorgeさんの使い方提案つきだから、読み応え十分。要チェックです!


いよいよ冬本番、乾燥の季節で、スキンケアページの内容も濃いですが、やっぱり好きなのはこの特集。
1日の中で使い分け! 美賢者おすすめうるおい名品
大先生たちのリアルなおすすめ情報が、ギュッと1ぺージに詰まってますから。

【完売必至】1700円以上相当のコスメが付録!? ベストコスメにコスメ収納情報も!! MAQUIA1月号本日発売_7

「あれ、あの方がいない」と思った方、大丈夫です。石井美保さんのおすすめは別途特集されています。
石井美保の偏愛コスメ、教えます

石井美保の偏愛コスメ、教えます

自分の「偏愛」とかぶっていると、勝手に鼻が高くなりますよね。
今回はエピステームアイパーフェクトショットaFTCUVパーフェクト FFクリーム プラチナム


もちろん、BOOK in BOOKも熟読しました。
コスメのお手入れ&収納BOOK

コスメのお手入れ&収納BOOK

美容のプロだけでなく、マキアブロガーの技ありな収納法もきっと参考になるはず!


付録も中身も大充実のMAQUIA1月号は本日発売。
完売必至なので、見かけたら即買いをおすすめ致します!

MAQUIA エキスパート

ギ☆

14年目/乾燥肌

エイジングケア&ネイル命

得意な美容ジャンルは、エイジングケア・ネイル。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットーの主婦兼ライター。

share