今年何もしてないのに、もうコフレの季節です。(ここでのオノマトペは「はぁ…」ではなく「ワクワク」でお願いします。)
コフレと限定品の情報は発売中のMAQUIA12月号でゲット!

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_1

【特別付録】
・鬼滅の刃キャラ柄巾着ポーチ


【貼り込み付録】
・ランコムジェニフィック アドバンスト N・タンイドル ウルトラ ウェア リキッド(各1回分)



劇場版「鬼滅の刃」公開記念で、集英社の20誌に「鬼滅の刃」の付録が付いてます!
MAQUIAはこのポーチ。なかなかしっかりしたつくりでラブリー。

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_2

書店やオンラインでも既に完売続出なのは、このポーチのせいですね。
年齢問わず、周りに結構鬼滅ファンがいるのですが、私は未だその波に乗っておらず。
したがって、BOOK in BOOK『いろんな私に変身できる!漫画メイクBOOK』もパラ見かなと思ったのですが、意外とやってみたいメイクが載ってた!

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_3

この「困り眉」は私がやると生活に疲れたオバさん感が増すので危険ですが、SUQQUのピンクのアイカラーとか、UZUのダークブラウンのマスカラとか、ルナソルの艶出しハイライトとか、アイテムが気になるものばかり。


本誌にも真似したいメイクが満載!
paku☆chanさんの『色のチカラで印象コントロールする方法』から、シャネル レ キャトル オンブル 362を使った赤メイク

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_4

やっぱりこのパレット素敵ですね。(ディオールサンク クルール クチュール 879と迷ってそちらにしましたが。)
くすみのあるレッドが秋らしく、シックで華やか。


同じ特集のルナソル アイカラーレーション 07を使ったオレンジメイクも魅力。

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_5

オレンジとブラウンのバランスが絶妙。キュートさを残しながら大人っぽく洗練され仕上がりは、さすがpaku☆chanさん。
ちなみに私には全く似合いそうになかったのですが、「ピンク」のページも美しく眼福でした。


メイク以外では、自分自身がここ数年気になってる血管美容に注目。
数年前、健康診断で「血管年齢54歳」という衝撃の判定をされてしまったのがきっかけ。
レンチンぽん酢玉ねぎとオリーブオイルを積極的に摂取して1年、なんとか年相応の血管年齢になりましたが、このとき、肌年齢も若返った気がして、美肌と血管力が連動してることを実感したんです。

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_6

特集では、簡単なセルフ血管ケアのやり方が7点掲載。これまでも積極的に食べていた玉ねぎですが、「皮をむいて5日ほど天日干しするとケルセチンが約5倍になる」という耳寄り情報が!
血管ケアで、もちろん冷えも改善されるし、更に免疫力もアップするそうなので、美肌と健康のために是非続けたい新習慣です。


毎回マニアックな情報を楽しみにしている小田ユイコさんの『マニアックビューティREPORT』は、気になる「育爪」がテーマ。

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_7

甘皮を切り取るのがNGなのは知っていましたが、爪の表面を削ったり磨いたりしないのが、美しい素爪を育む条件というのは、恥ずかしながら初耳。今日からやめます!
(ピンクのツヤツヤな素爪が自慢でしたが、爪が薄くなり、下の血色が透け透けなだけだそう。。)


そしてそして、今月号は何といってもこのBOOK in BOOK『Xmasコフレ&限定品BOOK 2020』を楽しみにしている方も多いはず。

クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_8

今年はスウォッチ満載で、とっても参考になります。

  • クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_9_1
  • クリスマスコフレに鬼滅の刃ポーチに冬美容情報も満載!MAQUIA12月号発売中!_9_2

裏表紙の「掲載アイテムの発売日&予約日一覧」には、予約方法も掲載されていて便利。
私はエレガンスのコフレを電話予約しましたよ。


内容大充実のMAQUIA12月号は完売必至!今月号も即買いをオススメ致します!

MAQUIA エキスパート

ギ☆

14年目/乾燥肌

エイジングケア&ネイル命

得意な美容ジャンルは、エイジングケア・ネイル。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットーの主婦兼ライター。

share