夏の終わりは、今までの肌疲れが一気に表面化してくる危険な季節。ここでの頑張り次第で今後の肌に大きな差が! 「MAQUIA」10月号では、美のプロフェッショナル6名が残暑肌の正しいお手入れ方法を指南中。ここでは、シミに関するお悩みにお答えします!Image title

【答えてくれた美のプロフェッショナル】

ビューティサイエンティスト

岡部美代治さん

科学的な知識に基づいた解説に定評があり、講演やセミナーなどで正しい美容情報を発信中。

美容家

小林ひろ美さん

独自の美容理論と取り入れやすいテクニックで大人気。その美肌に憧れる女性も多い。

Rサイエンスクリニック広尾 院長

日比野佐和子先生

アンチエイジングやプラセンタ療法など多岐にわたる診療で、多くの女性から信頼を得ている。

トータルビューティ

アドバイザー

水井真理子さん

美容家のもとで美容理論やテクニックを学び、独立。現在は講演や雑誌などを中心に活躍中。

ヘア&メイクアップアーティスト

山本浩未さん

実践的でおしゃれ感のあるメイクに定評があり、読者やモデルたちからの支持も厚い。


Q.夏の日焼けをシミに変えない魔法ケアを教えて

A.リンパの流れをよくする、ホットターバンを使ったケアがおすすめ!

小林さん「熱めのお湯に浸して絞ったホットターバンをセットし、いつも通りのスキンケアを。顔と頭皮の境目にあるリンパの流れを促進することで、メラニンの排出が高まり美白ケアが効果的に!」

Image title

化粧水をつけるときも、内から外へとリンパの流れを意識して行うと肌の巡りがアップ!

Image title

24時間肌に働きかけ、シミやくすみを取り除く。クレッセント ホワイト ローション [医薬部外品] 200㎖ ¥7000/エスティ ローダー


Q.シミケアには美白と保湿、どちらを優先すべき?

A.美白の前にまずは保湿を!

水井さん「つい美白を優先したくなりますが、保湿が先! 保湿で肌の状態を整えてから美白をしたほうが、より成分が浸透しやすくなり、効果的です」。


Q.薄いシミの中に濃い小さなシミが! これって一体…?

A.肝斑の中にシミができたり、シミの中にそばかすができることも

岡部さん「シミやそばかす、肝斑などが混在して肌にあらわれている可能性が。これ以上紫外線を浴びないようにUVブロックをして、美白ケアを継続して行ってください」。


Q.シミになりやすい食べ物は?

A.柑橘類には注意を

日比野先生「レモンやオレンジなどの柑橘類には紫外線を浴びると炎症や色素沈着を引き起こす光感作作用があるといわれているので、気になる人は控えましょう」。


【次ページをチェック】夏だけじゃダメ! 美白ケアはオールシーズンが鉄則です!≫≫

Q.シミのせいで周囲の視線が気になる!

A.コンシーラーでシミを隠し、ポイントメイクで視線をそらさせて

山本さん「シミをコンシーラーでカバーしつつポイントメイクで目元or口元を強めると、自然と人の視線はシミからそれますよ」。Image title

シミやニキビ跡など、気になる部分にピタッと密着。キャンメイクスタンプカバーコンシーラー 01 ¥600/井田ラボラトリーズImage title

1. シミの上にコンシーラーをのせ、たたき込むようにしてカバー。Image title

2. 目元に視線が集まるよう、まつ毛にマスカラをたっぷり塗る。


Q.夏が終わっても美白ケアは続けるべき?

A.もちろんです! さらに年2回、美白月間をつくると◎

水井さん「ダメージは後から表面化するので、美白は続けたほうがベター。1年のうちでも、特に夏の終わった10月頃と紫外線量が増えてくる3月頃の年2回、“集中美白月間”をつくると肌の透明感が違ってきます」。Image title

美白有効成分と潤いがじっくり肌に浸透。クレ・ド・ポーボーテ マスクエクレルシサン [医薬部外品] 6包入り¥10000/資生堂インターナショナル


Q.耳の後ろや首筋のうっかり日焼け、早く元に戻すには?

A.地道な美白ケアを続けましょう

岡部さん「これ以上焼けないようにUV対策をし、朝晩は顔と同様に美白アイテムを使ってケアを。やはり継続して行うことが大切」。Image title

さらっと潤う。ニベア 薬用ホワイトニングリペア 美白ボディジェル[ 医薬部外品] 150㎖ オープン価格/ニベア花王


Q.日に焼けていなくても、シミってできるの?

A.ホルモンバランスの乱れやストレス、摩擦などでもできます

小林さん「ホルモンバランスの乱れや睡眠不足のほか、ストレスや肌を強くこするなどの摩擦が原因でシミが出ることもあります」。


Q.シミも肝斑も紫外線が原因?

A.シミと肝斑の原因は違います

日比野先生「シミは老化や紫外線の影響が大きく、肝斑はホルモンバランスの乱れが関係しているといわれています。どちらも紫外線で濃くなりますが、原因は違います」。


MAQUIA10月号

撮影/天日恵美子(辻元さん分) 長谷川 梓 ヘア&メイク/榛沢麻衣(辻元さん) 広瀬あつこ スタイリスト/立石和代 モデル/辻元 舞 取材・文/関本陽子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

毛穴の開きから乾燥まで【夏の肌トラブルをなかったことにする正しいお手入れQ&A】≫≫


スキンケアのやる気スイッチをONする【香りコスメ 神セブン!】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share