夏の肌トラブルをなかったことにする正しいお手入れQ&A

スキンケア
いいね! 3件

日焼けから毛穴の開き、頑固な乾きまで夏のダメージを賢くケアするコスメコンシェルジュ小西さやか流ケアを「MAQUIA」9月号からご紹介。正しいコスメ選びをマスターして、夏ダメージを解消しましょう!

Image title

【問1】

海で焼いちゃった! 
3日で復活させるには?


【答】

油分レスな潤いジェルや無添加化粧水で、お肌を鎮静

日焼けは軽いやけどなので、鎮静させるのが先決。「油分があると熱がこもりやすいので、水分の多いジェルを選んで。冷蔵庫で冷やしてから使うとさらに効果アップ。防腐剤フリーな化粧水での保湿もお忘れなく」

Image title

赤みやほてりを鎮めるため、冷やしたジェルをたっぷり“盛る”べし!

Image title

トラブル時は、シンプル処方で刺激の少ないコスメを選んで。<右>モイスチャライジング 化粧液 Ⅱ しっとり 30㎖ ¥1400/ファンケル化粧品 <左>スージング&モイスチャー ALゲル 300g ¥880/メディカライズ


【問2】

肌のごわつきを発見! 次のうち、朝使うべきアイテムは?

Aジメチコン入り角質ケアもの

Bレチノール入り角質ケアもの


【答】

メイク効果もあるものは朝、レチノール入りは夜に使いましょう。

「答えはⒶ。肌の硬さの正体は、溜まった角質。取り除くケアが必要ですが、レチノールは紫外線に弱いため夜使用で。ジメチコン入りのコスメは毛穴カバー効果もあるので、朝のメイク前に」

Image title

<左>ペボニア・ボタニカ マイクロレチノール エッセンシャルフォーミングクレンザー 120㎖ ¥5000/ウィズ・アス <右>ロングセラーの角質ケア美容液。ターンアラウンド セラム 30㎖ ¥4800/クリニーク


【問3】

小鼻の黒ずみがポツポツ……。最適ケアは?


【答】

入浴し、いちばん最後にバスタブでオイルクレンジングを

憎きポツポツは、“ゆるめて取る”のが正解。「そのためには肌の温度を上げるのがキモ! 髪や体をすべて洗ってバスタブに入り、体が芯から温まった状態で最後にオイルクレンジングすれば、効果大です」

Image title

力の入りすぎない薬指で、黒ずみ部分をクルクルマッサージ。

Image title


メイク汚れだけでなく、毛穴の角栓や皮脂もすっきり。トリートメント クレンジング オイル 200㎖¥3000/カバーマーク


【次ページをチェック】もっと知りたい!夏ダメージを回復する正しいケア法まだまだ教えます≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN