「MAQUIA」3月号の連載『神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場』では、オフィスシーンでも目がとまる美人顔を提案。メイク感が出すぎるとNGなシーンなだけに、神崎さん流のHOW TOが参考になります!

Image title

神崎 恵
Megumi Kanzaki

mnuit主宰。美容家としての活動の他、累計約130万部の著書の執筆をはじめ、雑誌の撮影やトークショー、セミナーなどで全国を飛び回る日々。また、見た目の美しさと使い勝手の良さの両立を叶えた『MEGUMI KANZAKI SCHEDULEBOOK 2020』(永岡書店)も好評で、現在は次の著書の執筆活動に入り、ますます多忙を極めている。


気合いが入るオフィスシーン

立体的なツヤ肌と強い眉頭がデキる女の顔を引き出す

友人に「隠れ美人」がいる。隠れ美人というのは、よく見ると美人というか、気がついて見ると美人......というひと。聞こえは悪いけれど、要するに「美人」ということだ。だけど、自分の美しさを隠しているのか、自分で気がついていないのか、その美しさを発揮しきれていないと、隠れ美人になってしまう。わたしの友人はこれでいうと前者にあたり、自分がそこそこ綺麗ということはわかっているうえで、ここぞというときにしか「美人」を発揮しない。そんな彼女のここぞは休日や週末の「婚活」や「デート」。この日は、目を見張るほどの美人。どこから見ても綺麗なひとになる。

それ以外の平日、例えばオフィスでの毎日は、もうその落差はなんなの?というくらい気をぬいていて、もはや別人。それなりのOL服にメイクもヘアも適当さがあふれていて、「面倒な日はマスクとメガネで顔をかくせばいいのよ」という具合だ。そんな彼女が、ある日「ほんと、出会いがないのよね、全然恋が始まらない」とぼやいた。だから、ある提案をしてみた。「あのさ、平日も美人で過ごしてみたら?」と。彼女からしてみれば、捨て日かもしれないオフィス時間も、もしかしたら出会いの場、恋が始まる舞台になるのでは? と常々思っていたからだ。「でもさ、突然気合い入れていったらダサくない?」ということで、次にある重要な会議の日をXデーに定めた。

その日をわたしも友人も、ちょっとワクワクしながら迎え、二人で「こんな感じの服でこんなヘアメイクとかいいよね」と考えた。「気張って見えず、でもデキるうえにいい女」の組み立てだ。誰もが美人に見える組みあわせだったけれど、それ以上にその日の彼女は美しかった。もちろん、社内はいい意味でざわつき、その日からちょっとした「高嶺の花」になったというからすごい。そう、やっぱり女はメイクと着るもので人生が変わるのだ。 鉄板はベージュのワントーン服に、艶髪ストレート。そこに高貴なツヤ肌に意志のある眉。とにかくこれが最強。ぜひ、明日の通勤から「デキるいい女」を楽しんでほしい。

Image title

メイクも服もベージュのワントーンでまとめ、知的かつ女らしく

ここぞというときの仕事の場で、必ず選ぶのがとろみのあるブラウスにジャケット。シンプルなスタイルだからこそ、硬くなりすぎないよう、色は柔らかさと明るさのあるものをセレクトする。白やベージュのワントーンで、清々しく柔らかな知性を。

そこには色ではなく、骨格やパーツを引き立てるメイクを合わせる。肌はくすみや色むらをカバーしながらも、深々とした透明感とほどよいツヤを纏えるファンデーションを選び、眉は形も色も普段より少ししっかりと描き、顔のパーツを鮮明に浮き上がらせる。肌やパーツの素材を活かすべく、顔の中の色も主張しすぎないブラウンやベージュ系のものを組みあわせ、全身をとおして、色やデザインより自分自体が美しく見える組みあわせを大事にしている。


神崎流・美人レシピ

Image title

オフィスシーンでデキる女の空気感を出すために、きちんとした見た目は有効。髪を襟足でひとまとめにすると、一気に仕事モードに。この見た目のギャップこそ恋が始まるきっかけに。

Image title

上質なツヤ肌ファンデーションを全体に塗り、そのあとカバーしたい目の下から頬の高い部分にファンデを重ね、ツヤと立体感をプラス。眉は眉頭を四角く描くと、強さと賢さが増す。

Image title

a 眉頭を四角く、眉山から眉尻を強めるように描くと仕事モードの顔立ちに。右のライトカラーはノーズシャドウ、小鼻横になじませると立体感アップ。3D コントロール アイブロウ 02 ¥6500/SUQQU b ほどよいツヤ感とカバー力がオフィスシーンに最適。アプソリュ タン サブリムエッセンス リキッド(ブラシ付) 150-O ¥13000/ランコム


Image title


この場面においては、毛先まで手入れが行き届いた、ツヤのあるストレートヘアがふさわしい。毛先だけ32mmのヘアイロンでワンカールさせて、柔らかいニュアンスを感じさせて。




MAQUIA 3月号

モデル・メイク・文/神崎 恵 撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア/津村佳奈〈Un ami omotesando〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share