「日々メイクを楽しんでいます! だけどなかなかいつもの自分から抜け出せなくて」という与田さんを救うべく、人気ヘアメイクアップアーティストのAYAさんが春の新色コスメでイマドキの洒落顔に変身させました。

Image title

今回の「願望実践」は…
パステル系ワントーンで脱甘色っぽメイク

「いろんなコスメやメイクを試して大人っぽくすればするほど盛りすぎてしまい、まわりに不評(笑)。今どきのコスメで今どきのおしゃれ感を出すにはどうすればいい?」(与田さん)

教えて頂いたのは…
ヘアメイクアップアーティスト AYAさん(ラ・ドンナ)

Image title

MAQUIAをはじめ、あらゆる媒体で活躍中。メイク好きをもうならせる緻密で繊細なテクニックと旬の色合わせ、絶妙なバランス感覚は、いつどんなときも冴えている!

USE IT!

Image title

1 優しい温かみをまとうブラウンベリーカラー。描きやすいフェルトタイプで、思い通りのラインが自在。インディストラクティブルアイライナー 08 ¥3500/THREE
2 ヘルシーな血色を叶えるコーラルカラーのリキッドチーク。保湿成分も豊かに配合。幸せに満ちた頬に。カレンデュラチークリキッド OC09 ¥3500/SHIRO(3/5発売)
3 シーンを問わず頼りたいブラウン系。マットとサテン、ふたつの質感のコンビネーションで女性らしい包容力のある目元に。レ キャトル オンブル 352 ¥6900/シャネル
4 ラベンダーでもなくパープルでもない、絶妙なくすみ感をまとう浅紫。手元をぐんとしなやかに色っぽく見せる。ネイル カラー ポリッシュ 123 ¥2500/SUQQU(数量限定)

Image title

●ラインはブラウンで長めに描き、あえて主張させる

「このメイクの主役は少し赤みを帯びたアイライン。まろやかなパステルカラーで仕上げたメイクの中でアイラインだけはきっちり存在感を与えるために、あえて1を目頭から目尻へ長めに描いて」(AYAさん)

●シャドウはまろやかグラデで漂わせる

3の右上をアイホールより広めに仕込み、右下を目のキワからぼかしこんでグラデっぽく。ほのかな陰影と軽やかなオレンジみを感じさせながら、決して前にですぎない“漂い感”が洒落見せのコツ」(AYAさん)

Image title

●チークは溶け込むように透けさせる

「目元と合わせてチークもオレンジ系で。頬の高めの位置に2を数カ所のせ、頬骨を包み込むように薄く薄く広げます。エッジを残さないようにほわんと透けるような血色を目指して」(AYAさん)

\このリップもポイント/

Image title

今季注目のオレンジも、SUQQUの手にかかると素敵感満載の曖昧カラーに。アンニュイな魅力が炸裂。バイブラント リッチ リップスティック 103 ¥5000/SUQQU(数量限定)

Image title

「くすみ系パステルが好きなので、このメイクにはグッときました! ピンクよりオレンジ系のほうが大人っぽく見える気がするし、色は“効かせる”んじゃなく、“漂わせる”んですね! その心意気を念頭におけば、うまくバランスを取れそう」(与田さん)

このコスメもおすすめ

Image title

A レッドとブラウンが絶妙に融合した洒落カラー。生命力たっぷりなこんな色は今季も引き続き注目。カネボウ N-ルージュ 158 ¥4000/カネボウインターナショナルDiv.(2/7発売)
B ほのかに赤みを帯びたブラウン系4色。上品なツヤが色っぽさを引き立てる。ヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ N BR-5 ¥1200(編集部調べ)/コーセー(2/16発売)


¥23000/ストックマン(オットダム)、イヤリング ¥55000/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー)

撮影/田形千紘 ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/金山礼子 モデル/与田祐希(乃木坂46) 取材・文/通山奈津子 構成/織田真由

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。




2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share