自身のブランドの経営者として、忙しい日々を送りながらも、きれいを保ち続けるコツは? こじはる流“効率美容”のポイントを徹底解剖!

こじはる 小嶋陽菜 美容ポリシー きれい 美容

ポイント押さえて効率UP
頑張らなくてもキレイは叶う!

トレンド先取り、口コミチェック、トライ&エラーで導き出す
小嶋陽菜
「ラクしてキレイになる美容」



色々やって辿り着いた!
こじはる的美容ポリシー


01
“ひと通り試してみる”のが結果、時短に繋がる!
「20代の頃にあらゆるコスメやエステを経験したことで、自分に合うものだけを使った、効果的なケアができるように。初めから効率を重視せず、良いと聞いたものはまず試して、その中から“自分的ベーシック”を厳選するのが一番の近道」(小嶋さん、以下同)


02
温め、保湿、UVケア。この3つさえ押さえておけばOK
「忙しくても絶対に怠りたくないのが、体を温めること。オフィスでは脚温器を使って足元全体を温め、夏でも飲み物は常温かホットをセレクト。乾燥と紫外線は肌の老化を進ませる要因になるので、保湿とUV対策も怠らず、ケアを徹底して行っています」


03
ボディケアは“流す”ことが最重要
「私の場合、疲れると首と肩が凝って、脚にむくみが出てしまうので、体内の循環をよくしてデトックスすることが不可欠。週1のマッサージや加圧トレーニングを、スケジュールにマストで組み込むことで、“流れのいい体”を作り、体型と体調をキープ!」


04
適度な運動は、体だけじゃなくマインドにも効く
「他力本願な美容施術も有効だけれど、運動に優るケアは無し!と年々実感。どんなサロンに通うより、フェイスラインが引き上がります。それに、体を動かしていると気持ちも前向きでいられるみたい。会社を経営する上で、精神的な土台作りにもなります」


05
初心に立ち返り口コミを大切に!
「美容の情報源として最も信頼できるのは、やっぱり口コミ。SNSで気になる海外コスメを見つけては、取り寄せて試しています。正直、10個に1個くらいしか当たりはないけれど、あまり知られていないいいものを、宝探しのように見つけるのは、美容の醍醐味のひとつ♡」。

パーソマの「デジタルデトックス」

上は最近発掘したというパーソマの「デジタルデトックス」。1回で1袋使い切る贅沢なバスパック。

MAQUIA7月号
撮影/中村和孝(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈STORM〉 スタイリスト/SHOCO モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2022年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share