ひとつ結びにプロのテクを加えて、こなれ度抜群のアレンジにアップデート! ポイントはトップにしっかりと高さを出すことと、後れ毛にカールをつけること。このひと手間で「ひとつ結び=おさぼりヘア」とは言わせない、おしゃれスタイルに仕上がります。こどもっぽく見えがちな人は、前髪に隙間をつけて抜け感を出すとgood。カラーにハイライトを加えると、今ドキ感がUPします。

Image title

【HOW TO】

【1】26㎜のヘアアイロンを使い、全体を根元からリバース&フォワード方向へランダムに巻きます。結んだ時に立体感を出すため、表面の髪はとくにしっかり巻くのがコツ。

【2】のびのいいヘアバームとオイルを1:1で混ぜ、髪全体にもみ込みます。よくなじんだらバックに髪を集め、トップにしっかりと高さを出してから、耳の高さを目安にしてゴムで結びます。

【3】【2】からゴムを隠せるくらいの髪を取り、結び目に巻きつけてピンでとめます。

【4】顔まわりの後れ毛をアイロンで巻きます。この時、毛先を外ハネにすると今っぽい仕上がりに。前髪はセンターパートにして、軽くカールをつけてみて。

【5】バランスを見ながらトップと顔まわりの毛束を引き出し、ラフ感をプラスしてできあがり。

Image title

ベーススタイルは鎖骨くらいの長さがあればOK。顔まわりに後れ毛風のレイヤーを入れて、こなれ感と小顔効果を手に入れて。カラーは8トーンのショコラブラウンに9トーンのハイライトをプラス。ハイライトは表面や顔まわりだけでなく、襟足にも細かく入れると、アレンジした時にチラリと見えて可愛い♡ よりカジュアル感を出したい日は、ひとつ結びにしている毛先をおだんごにするのがおすすめ。顔まわりに加えて襟足にも後れ毛を多めに出し、アイロンでS字カールをつけると、ウワテな印象に仕上がります。


スタイリスト/田中麻由(GARDEN Tokyo) モデル/大沼 愛 文/永田未来(ichigo)

GARDEN Tokyo http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/

2018年秋冬 ヘアカタログ

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share