9月16日に新発売となる、話題のCarte  (カルテ) ヒルドイドシリーズから、


ヒルドイド モイスチュア ローションをご紹介します!

★Carté(カルテ)HD モイスチュア ローション

Carté(カルテ)ヒルドイド モイスチュア  ローション

by コーセー マルホ ファーマ


〈化粧水〉【医薬部外品】(販売名:HDセラム)


150mL ¥1,800

★Carté(カルテ)HD モイスチュア ローションの全成分

Carté(カルテ)ヒルドイド モイスチュア  ローションの全成分

【全成分】


ヘパリン類似物質※、グリチルリチン酸ジカリウム※、


精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、L-セリン、L-テアニン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、イソステアリン酸、イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸二ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、グリセリルグルコシド液、スクワラン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、フィトステロール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、水酸化ナトリウム、炭酸ジアルキル(14,15)、フェノキシエタノール、メチルパラベン


※;有効成分 無印;その他の成分

☆カルテ HD モイスチュアローションの有効成分と効能・効果

カルテ ヒルドイドシリーズの有効成分はすばり、「ヘパリン類似物質」「グリチルリチン酸ジカリウム」

グリチルリチン酸ジカリウムは化粧品で最も使われていると言っても過言ではない、肌荒れ防止有効成分

炎症乾燥だけでなくシミやシワ、ニキビなど様々な肌トラブルのトリガーとなるので、
抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムは好きな成分の一つです^^


もう一つの「ヘパリン類似物質」


これが話題の理由の一つ!

カルテ ヒルドイドシリーズは、
「ヘパリン類似物質といえば!」のマルホさんと


「化粧品と言えば!」のコーセーさんの合弁会社コーセーマルホファーマ株式会社から発売された医薬部外品であり、


ヘパリン類似物質を医薬部外品として他社供給するのはマルホ史上初の試みなのです。

このヘパリン類似物質はもともと医薬品の有効成分として使用されており、
皮膚の乾燥性症状を軽くする保湿作用や血行促進作用、抗炎症作用が確認されていました。

ところが、医薬品には効果だけでなく副作用というリスクがあります。
実際、医薬品としてヘパリン類似物質が配合されている製品には、
皮膚刺激感、皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、紫斑などの副作用が報告されています。


だからこそ、医師の診断が必要だったり、短期での一時使用が有効なのです。


しかし、化粧品や医薬部外品は「皮膚への効果が緩和」でなくてはならないもの


配合量を調整し、“穏やかな効果”と“長期間使える安全性”を両立して登場したのが、


カルテ ヒルドイドシリーズです!

医薬部外品としてのヘパリン類似物質は、「肌のうるおいを高めて肌荒れを防ぐ」という、保水作用が認められています!

乾燥肌の方、乾燥故に肌荒れしやすい方にはおすすめのアイテムです☆

もちろん、皮膚には個人差があるため合う・合わないはありますから、


様子を見ながら使用してみてくださいね^^

☆カルテ HD モイスチュア ローションのおすすめポイント

カルテ ヒルドイドのおすすめポイントはずばり4つ!

① 魅力的な有効成分「ヘパリン類似物質」「グリチルリチン酸ジカリウム」

詳細は上記に述べた通り。
肌荒れしやすい乾燥肌さんにもってこいの有効成分です。

② 長期間使える安全性!

こちらも重複になりますが、副作用のリスクのある医薬品と異なり、化粧品や医薬部外品は長期間使用することで穏やかに効果を発揮してくれるもの。
逆に言えば、長期間使い続けられるように安全性が確認されているものです。


肌に合わない方もいるとは思いますが、基本的には毎日安心して使い続けることが可能です◎

③ その他の成分の魅力!

医薬部外品の魅力は有効成分だけではありません!



グリセリンやBGなどの基本的な保湿剤に加え、
「うるおいバリアCPX」なるグリセルグルコシド、セラミド類似ポリマー(グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体)、3つのアミノ酸(セリン・テアニン・アセチルヒドロキシプロリン)、スクワラン、濃グリセリンといった
基材を含めた成分自体による保湿効果も大きく期待ができます✨



また「うるおい浸透カプセル」を謳っているように、やや白くにごったローションは油性成分を分散させて浸透性をアップさせているようです。



このような処方技術は化粧品会社の十八番。さすがのコーセーさんです✨

④ 使用感

カルテ ヒルドイド モイスチュア ローション

そして何より、医薬品では考慮されない「使用感」が最大の魅力✨
外用薬を塗っても、あまり楽しくないですよね(^^;



カルテ HD モイスチュア ローションはとろっとしたローションですが、
塗り拡げ始めるとぱしゃっと広がり、すっと浸透。
ベタつきがなくはないけど、やや膜感があってさらさらもしない、うるおい感が残ります。



男性でクリームなどが苦手な方は、これ一本で使用するのもいいかもしれませんね♪



香りは気持ち外用薬臭がします(^^;
香料を使っていないので、原料臭なのかな?


よく言えば、いつもの安心させてくれる匂いです笑

☆まとめ

「医薬部外品」としてのヘパリン類似物質配合薬用化粧品 カルテ HDシリーズが
コーセー×マルホの合弁会社より9月16日に誕生です!


 


長期間安心して使用することで、肌荒れしがちな乾燥肌をうるおいで満たしてくれます。


 


その中でもモイスチュア ローションは、ベタつかないとろっパシャッのテクスチャーで、気持ちよく使うことができます^^


 


私はまだ長期間使っていませんが、保湿作用の認められた有効成分と化粧品の楽しさを両方味わえるカルテ HDシリーズに期待しています!


 


乾燥肌でお悩みの方は、一度お試ししてみてくださいね★


本商品は、マキアオンライン編集部より提供頂きました。

Follow ME♡

チーム★マキア/スキンケア

かおりん

7年目/乾燥肌/イエローベース

化粧品処方設計の経験を持つレアブロガー

化粧品成分に精通した、リケジョブロガー。スキンケアなどの訴求成分については、原料メーカーのホームページや技術情報誌・特許まで読んで調べるそう。

share