20代、30代のマキアエディター2人が、エイジングケアに精通した皮膚科医の小林智子先生に直撃取材。それぞれの肌が求める注目の美容成分やケアの心得を知って、無駄なく肌のエイジングに先手を打って。

エイジングケア 20代 30代

始め時でおすすめ成分やケアが変わる!
20代・30代別の最適効率エイジングケア

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_2

教えてくれたのは...
小林智子先生

皮膚科専門医

小林智子先生

医学博士。アンチエイジングリサーチセンター研究員。サプリ等のブランド“Dr.Recipe”監修。

30代 よこゆか
横山由佳

マキアエディター

横山由佳

30代になってから、肌や顔立ちに少しずつ変化が現れ、スキンケアの見直しを思案中。

20代 おはぎ
萩原有紀

マキアエディター

萩原有紀

むくみがちで丸顔の20代。日中の乾燥が気になることが増え、肌の土台を整えたいところ。

20代からやるべき攻めのケア、避けるべきケア

萩原 エイジングなんて先のことだと思っていたのに、20代後半になって、前半より肌が乾燥しやすくなったんです。
小林 保湿ケアも、今後は特に肌の中で水分を蓄えられる成分を取り入れるといいですね。個人的なおすすめは、欧米では一般的なパンテノール。ちなみにオイルに頼るのは、避けた方がいいと思います。
萩原 ストレートネックのせいか、たるみも出てきたような。
小林 それならシワ改善でおなじみのレチノール。コラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸も増やして表皮の厚みを出すので、私は20代後半になったら、全顔に使えるレチノールを配合したアイテムを取り入れるといいと考えています。
萩原 攻めのコスメを20代から使うと、肌を甘やかしませんか?
小林 肌を“甘やかす”ということはないけれど、攻めの成分を数多く入れているものは、刺激も増えるので要注意。何種もの高機能美容液を重ねて使うことも同様です。
萩原 周りには、顔が大きく見えるからと脂肪吸引した人もいて気になっています。
小林 もったいない! 顔の脂肪は加齢で減るので大切にね。顔が大きく感じるのはむくみのせいかも。 夜に塩分を摂り過ぎない、外食ばかり続けないなど、生活習慣を見直してみて。ハイフのように熱で皮膚を縮める治療も、20代には無駄に肌を焦がすようなものなのですすめられません。
萩原 ニキビに悩む20代も多いと思いますが……。
小林 日常的な予防は、ビタミンCと日焼け止めで。ちなみに20代のシミは顕在化していないけど、ビタミンCはその予防にも効果的なので使って損はないはず。

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_3

「パンテノールって、肌の弾力、ハリツヤにも貢献する成分なんですね」By Ohagi

肌トーンも顔立ちも変わる30代はより多角的ケアを

横山 30代からケアを変えるべきところはどこでしょう。
小林 30代になると、シワやたるみが本格的に出始めますよね。
横山 そうなんです! 最近、頬の位置が下がって長くなり、顔のバランスが変わったような。
小林 たるみが気になり始めたら、ハリ・弾力だけでなくエイジング要因に多方向からアプローチするペプチドを、レチノールと一緒に配合したコスメがおすすめ。理想の赤ちゃん肌になれますよ。
また30代なら、美容医療に頼るのもあり。伸びた皮膚を縮めるのは、化粧品にはできないことなので。肌のハリを保つ化粧品と適材適所使い分けながら、両面からケアするのが正解です。
横山 シミも美容医療に頼るべきでしょうか。
小林 確かに美容医療で取るのが手っ取り早いけど、日頃からのUVケアと美白ケアが施術のパフォーマンスを上げるので、そこは手を抜かないでくださいね。
エイジングの大きな要因は、肌の酸化、糖化、炎症。これらはリンクして加速度的に老化を早めるので、30代前半からその3つをケアするかしないかで、未来の肌は変わります。さらに大敵は、紫外線。エイジング全般の予防に、日焼け止めも365日マストです。

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_4

「これからは美容医療も視野に入れ、計画的にスキンケアしなくちゃ」By Yokoyuka

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_5

「“抗酸化・抗糖化・抗炎症”を意識して今と未来のエイジングを食い止めて」By Tomoko

20代・30代のエイジングケア
必須心得5箇条

小林先生「ケアにぜひ役立てて」

2人のリアルな悩みに対応する、それぞれの年代で始めたい、あるいは切り替えたいスキンケアと頼るべき成分を、小林先生のお話に基づいて5箇条に。加齢につれ肌の変化を感じ始めている20代、30代なら、これを押さえて成分通になれば、この先の美肌人生がぐっと明るくなるかも!

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_7

1 自ら水分を蓄えられる肌になるために。セラミド、パンテノール配合コスメ
2 「小顔」に執着しすぎないで! 生活習慣の見直しとマッサージでむくみ解消
3 目元のケアは「漫然と」ではなく悩みにフォーカス。クマはビタミンEで血流改善
4 「落とすケア」は肌への負担を最小限に。特にアイメイク落としに石油系界面活性剤は避けて
5  ビタミンCで、ニキビを繰り返さない肌質を目指すべし。悩みが深刻化したら迷わず皮膚科へGO!


「20代がやるべきエイジングケア」詳細へ >>

20代・30代からやるべきエイジングケアを、 医師に直撃取材! この先の美肌人生のために先手を_8

1 たるみ・小ジワ悩みは、コラーゲン産生力を高めるレチノール+ペプチド配合コスメに頼る
2 ニキビ跡などの色素沈着には美白有効成分。シミケアもできて一石二鳥!
3 日焼け後の肌の色の戻りが悪いとか、透明感が失われたと感じたら角質ケアを習慣化
4 肌のエイジングの3大要因、「酸化」「糖化」「炎症」ケアは一刻も早く始めるべし!
5 スキンケアと美容医療でできることは違うので、正しい知識をもって上手に使い分け


「30代がやるべきエイジングケア」詳細へ >>

MAQUIA 4月号
撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/コン イルミ 取材・文/巽 香 構成/萩原有紀(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

最終更新日:

MAQUIA書影

MAQUIA2024年3月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。5月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share