表情豊かなカールと厚めの前髪が目を引く、愛らしさ満点のミディアムヘア。全体に低めのレイヤーを入れてパーマをかけているから、簡単スタイリングでふんわりヘアのできあがり。セミウェット仕上げで潤いを与えて、艶やかな女っぽヘアを手に入れて。仕上がりを鎖骨レングスにすることで、ボリュームを出しても軽やかさたっぷり。サッと束ねてもおしゃれにキマります。

Image titleベースは鎖骨レングスのミディアムスタイル。全体に低めのレイヤーを入れて動きを出し、毛先は重さを残しながらスライドカットでボリューム調整。前髪は眉下でやや厚めにカットします。パーマは20〜24㎜ロッドを使い、内側を平巻き、中間はリバース&フォワード方向へ平巻き、表面はリバース&フォワード方向へ中間巻きにして低温デジタルパーマをオン。トリートメント成分たっぷりの薬剤を使うことで、柔らかくダメージレスな仕上がりに。カラーは10トーンのウォームベージュをセレクト。ほんのりラベンダーを加えるテクで、ツヤ感と色の深みがUP! 潤いに満ちた美髪スタイルが楽しめます。
Image title毛先が乾燥しないよう、まず根元からドライ開始。毛先が少し湿った状態まで乾いたら、顔まわりの髪をリバース方向へ流しながら温風を当てて、ふんわりとした毛流れに仕上げます。スタイリング剤はオイルワックスまたは柔らかめのムースをセレクト。手によくのばしたら、まず毛先〜中間になじませて。シルエットのバランスを見ながら全体を整え、手に余ったスタイリング剤を前髪の毛先につけてフィニッシュ。さらに毛束を指で裂きながらほぐすと、より浮遊感のあるスタイルに仕上がります。アレンジをするなら、ラフなカールを生かしたハーフアップや低めのポニーテールがおすすめ。厚めの前髪との相乗効果で、大人可愛いスタイルができあがります。


スタイリスト/中川崇広(Ramie GINZA) モデル/堀田彩夏 文/永田未来(ichigo)

Ramie GINZA   http://ramie.jp

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share