人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

“温もり”こそが人を惹きつける! 血色感を引き出すベース&ポイントメイクを解説

メイクアップ

「MAQUIA」4月号では、本誌でもおなじみのヘア&メイクアップアーティスト・黒田啓蔵さんが、日本女性を美しく見せるメイクを指南。肌作りからカラーメイクまで一連のプロセスをご紹介します。

Image title


黒田啓蔵さんが手がける

女優美肌を解剖


Image title

黒田啓蔵

包容力のある人柄と視線を惹きつけるメイクで、女優からミュージシャンまで、大物からの指名が絶えない。運気まで上がると評判で、映画祭やアワード時期には引っ張りだこに。


Image title

「日本人特有の内側から血色がにじむ肌には多幸感がある

――Keizo Kuroda


Point:ベースメイク

「透ける薄膜が命。ピンク寄りを選び温もりを漂わせて」

「スキンケアで土台を整えた分、ベースメイクは薄膜仕立てに。コンシーラーは目の下と肌悩みが目立つ箇所のみ、お粉もフェイスラインだけで十分。色選びも重要で、温もり感が漂うピンク系をチョイスして」

Image title

使用アイテム

A 無色で人工的でない肌に仕上がる下地。エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション T+(医薬部外品)SPF50+・PA++++ ¥2800(編集部調べ) B「今一番のお気に入り。温もり肌に仕上がる、ピンク系の200番台を愛用」。ヌード ウェア リクイド EX 220 ¥7000/SUQQU(3月6日発売) C「肌と一体化してシワっぽくならないコンシーラー」。シンクロスキン セルフリフレッシング コンシーラー 103 ¥4000/SHISEIDO D「透明感が高く、粉浮きゼロ」。ルナソル エアリールーセントパウダー 00 ¥4500/カネボウ化粧品


Image title

化粧下地Aをやや多めに取り、額、両頬、鼻上、あごにのせ、全顔&首までのばす。手の甲をパレットにBを1プッシュ。シミが多い頬骨からのせ、頬は内から外に広げる。

Image title

額は下→上、目の下は左右にスライド。小鼻部分には円を描き、口角は引き上げ塗り。厚みのあるスポンジで軽くパッティングして、ファンデをなめらかにフィットさせる。

Image title

目の下のくぼみにコンシーラーCをのせ、指でなじませる。クマが消えると同時に、涙袋がふっくら見える効果も。フェイスパウダーDをのせるのは輪郭と小鼻のみ。パフではなくスポンジで密着のせ。


Point:チーク

「チークで血色プラス、小顔&立体感を演出」

「少し前はシェーディングとハイライトがマストだったけど、今はチークだけで肌を仕上げるのが気分。頬骨に立体的に色を効かせることで、小顔&立体効果まで狙えます」

Image title

使用アイテム

「いい感じの血色や立体感が自在」。ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 04 ¥ 4200/ジルスチュアート ビューティ


Image title

ブラシでパレットをぐるりとなぞり、全色MIX。頬の高い位置からふんわりとのせる。

Image title

頬骨下から内に向かい、平仮名の「つ」を描くようにブラシを動かす。チークの濃度にコントラストがつき、コントゥア効果が。チークの輪郭を指の腹でぽんぽんと優しくぼかし、肌に溶け込むようになじませる。


Point:眉

「素が透ける肌主体のメイクは眉で引き締める」

「その人らしさが際立つメイクは、肌以外のパーツを極力控えめに仕上げます。ただし、ポイントを作らないと顔がぼやけて見えるから、眉メイクが肝に。少し幅太めに仕上げると、顔がシュッと締まるんです」

Image title

使用アイテム

A「繊細なタッチでも色づき、自然な眉が描ける細めのペンシルが活躍」。エスプリーク Wアイブロウ(スリムペンシル&パウダー)BR300 ¥2100(編集部調べ)、B「プチプラなのに、ブラシの質がいい」。ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-1 ¥1100(編集部調べ)/コーセー


Image title

1 Aのスクリューブラシで毛並みを整える。眉頭から眉尻に向かってブラシを動かして。2 Aのペンシルで眉の下のラインを整える。眉頭は抜き、黒目の上あたりからスタート。

Image title

上のラインも同じく、眉頭を抜いて形を整える。すると、抜け感のある優しい印象に。4 Bの中間の色で黒目上から眉尻をなぞる。眉頭は最後になぞり、眉尻には濃い色を重ねて。


Image title

EYE&LIP

「肌に重点を置いたメイクの際には、THREEのアイシャドウの登場回数が多いです。透明感がありつつ、存在感のある仕上がりがお気に入り。リップにどんな色を合わせても似合いますよ。今回はツヤとふっくら感が美しい、カネボウのピンクベージュをチョイス」。(右)ディメンショナルビジョンアイパレット 09 ¥6500/THREE (左)カネボウ N-ルージュ EX2(限定色)¥4000/カネボウインターナショナルDiv.



MAQUIA 4月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Iris〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/松本 愛 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/火箱奈央(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

ベースメイクの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN