「MAQUIA」3月号では、美肌メイクの天才・千吉良さんがコミュ力高めな肌の作り方をレクチャー! 今回は、ファンデとチークで親しみ&愛され感を演出する方法をご紹介。

Image title

ヘアー&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん
旬を取り入れつつ、ハッピー感と遊び心を忘れないメイクで人気。どんな肌悩みの人も魔法のように美肌へと変える、肌作りの達人。


簡単だけど丁寧に。HOW TO MAKE 「コミュ力高め肌」

FDとチークで親しみ&愛され感を演出
薄膜ファンデで軽やかな透け感を、さらに血色チークでハッピー感をアップして、相手を受け入れる“懐広めな肌”に。


Image title

美容液ファンデを顔の中央のみに薄膜塗り
下地で底上げした分、ファンデは少なめでじゅうぶん。顔の中心部分のみ、内から外に向かって伸ばして。

Image title

すべらせるだけで即美肌ファンデ
ヘレナ ルビンスタイン
プロディジー CELグロウ
エッセンス ファンデーション

塗ったそばからキメを整えつつ、毛穴もふっくら。潤ったツヤ肌が続く、美容液リッチなリキッドなら、塗った本人もストレスフリー♪ 全6色 ¥14000(2/7発売)


Image title

顔の輪郭はさらに
薄塗りで立体感を演出

輪郭に向かってスポンジでFDをなじませる。もみあげの後ろもひとなですると、FDと素肌がなじむ!


Image title

練りチークで幸せそうな血色のいい肌を作る
指に取ったチークを、頬中央から横長広めにオン。余りを鼻先とあご先にのせれば、よりリアルな血色感に。

Image title

指で取り、手の甲でワンバウンド

Image title

肌になじむやや
黄み寄りの練りチーク

クレ・ド・ポー ボーテ
ブラッシュクレーム 2

ツヤと黄みがほんのり効いた、血色チーク。肌に溶け込むようになじんで、みずみずしく自然な、血色のいい肌を演出。¥4500



MAQUIA 3月号

撮影/柴田フミコ(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル)  モデル/佐野ひなこ 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share