太ももの筋肉の緊張をやわらげ軽やかに!【脚のむくみ解消ストレッチSTEP5】

ボディ

冷えや運動不足を感じる人は巡りが悪くなり、水分や老廃物が下半身にたまりやすくなっています。キュッと引き締まったほっそり脚を目指すなら、むくみケアがマスト。ここまで、寝る前のちょっとした時間にできる簡単ストレッチをご紹介してきました。運動が苦手な人でも無理なくできるので、毎日続けられるはず。STEP1~5までを続けて行えば、翌朝、脚が軽やかに!

Image title【STEP5】太ももストレッチで緊張を緩和
テニスボールで太もものハリをゆるめたら、筋肉を伸ばします。筋肉がかたいままだと循環が悪く、どんどんため込んでしまうのでほぐすことが大切です。ゆっくりと伸ばし、筋肉の緊張をやわらげましょう。

【STEP1】のストレッチはこちらから>>>

【STEP2】のストレッチはこちらから>>>

【STEP3】のストレッチはこちらから>>>

【STEP4】のストレッチはこちらから>>>

Image titleNESTA全米エクササイズ、スポーツトレーナー、メンタル心理カウンセラー、食コンディショニングトレーナーの資格を持つ。有名フィットネスクラブでのインストラクターを経て、2013年にストレッチトレーニング専門店「e-stretch」をオープン。毎月150本以上のパーソナルトレーニングを実施。有名女優やモデルも担当。初の著書『モデル流!体幹革命ストレッチ』(KADOKAWA)が11月24日に発売予定。


やり方はこちらからチェック!

【1】両脚を伸ばして座り、片脚のひざを曲げます。かかととお尻がつくような状態で1分間キープ。このとき、ひざが浮かないようにするのがポイントです。逆側も同様に行って。

【2】痛気持ちいいくらいまで太ももを伸ばすのがポイントなので、慣れてきたら上半身を後ろへ倒していきましょう。ゆっくりと倒れ、心地いい痛みを感じるところで1分間キープ。

【3】毎日行っていくと、筋肉のハリもやわらいでくるので、上半身をさらに後ろへ倒してみましょう。ただし、無理は禁物。自分のペースで行って。

【4】最終的に上半身を床につけて、太ももの筋肉をしっかり伸ばしましょう。このとき、ひざが浮かないように意識してください。

【武田さんからのアドバイス】
太ももを伸ばす脚のひざは床から離れないようにしてください。浮いてしまうと効果が薄れてしまいます。また、しっかりと伸ばすことがポイントですが、痛みを感じるようであれば上半身を倒す必要はありません。深呼吸をしながらゆっくりと筋肉を伸ばしてあげてください。

e-stretch代官山店
姿勢改善、肩こりや腰の痛み、むくみ改善などを目的としたストレッチを専門のパーソナルトレーナーが指導。筋力アップやダイエットには姿勢を整えながら使える筋肉を鍛えるファンクショナルトレーニングがおすすめ。http://daikanyama.e-stretch.jp/


撮影/藤澤由加 モデル/Yuuki(チーム★美セレブ) 取材・文/岩淵美樹

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN