人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

キレイのために知っておきたい【腸の基礎知識10】

ボディ

美と健康のカギを握るのが腸。腸の元気を保つことは、今や美意識の高い女子の間では常識。そんな腸について、「MAQUIA」12月号に掲載中の「美腸快腸100問100答」でさらに深〜く知って、体の内側からキレイになりましょう!Image title教えてくれたのは・・・

新宿大腸クリニック院長

後藤利夫先生

大腸ガン撲滅を目標に、無麻酔・無痛大腸内視鏡検査を開発。4万件以上もの大腸内視鏡検査の実績を持つ。


管理栄養士

金丸絵里加先生

料理研究家。女子栄養大学講師。フードコーディネーター。おいしくて健康になれるレシピ提案で人気。


小林メディカルクリニック院長

小林暁子先生

医学博士。便秘外来、内科、皮膚科など全身の不調に対応。“健美腸”をテーマにさまざまな啓蒙活動も行う。


ゲシュタルト研究所代表

砂沢佚枝先生

「マザーアロマ」主宰。腸もみ健康法を研究し、その普及に取り組む。腸によい食事や生活習慣にも精通。


モデル

市川紗椰さん

本誌をはじめ多くの女性誌で活躍。美腸マニアでもあり、著書『毒だし「美腸」スムージー』(集英社)も人気。


Q.大腸の長さはどれくらい?

A.伸ばした状態で約1.5m

後藤先生「腸はアコーディオン状に縮んでいて、その状態で平均1m、伸ばした状態で平均1.5m程度です。長さには個人差があり、伸ばすと2m以上ある人もいます」。


Q.腸の役割って?

A.消化、吸収、排泄、解毒、免疫など

後藤先生「小腸は栄養素を消化・吸収し、大腸はその残りカスの水分を吸収して便を作って排泄。そのほか、病気から体を守る免疫や、解毒、ビタミン合成などの働きもあります」。


Q.善玉菌、悪玉菌って何?

A.人体に有益な働きをするのが善玉菌、有害な働きをするのが悪玉菌

後藤先生「腸には無数の腸内細菌が棲んでいて、病原菌をやっつけるなど人体に有益な働きをするのが善玉菌。腸内を腐敗させるなど有害な働きをするのが悪玉菌です」。


Q.悪玉菌が増えるとどんなトラブルが起こる?

A.便秘や下痢、免疫力の低下、肌荒れ…etc.

後藤先生「悪玉菌が増えると腸内が腐敗します。すると便秘や下痢が起きるほか、腸内の有害物質が全身に運ばれ、肌荒れや免疫力の低下、頭痛、肩こりとさまざまな不調が発生します」。


Q.便秘のとき腸はどうなっている?

A.動きが悪くなっていたり、動いていても伸びている状態

後藤先生「便秘のときは腸の収縮力が落ちて動きが悪くなっています。慢性化して腸が薄くなり伸びてしまっていることも。また、ストレス性の場合、腸が痙攣していることもあります」。


【次ページをチェック!】便秘の時に肌が荒れるのはなぜ?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN