20代からきちんと知っておきたい「乳がん」のこと

ボディ
いいね! 2件

「乳がん」と聞いて、中高年のオバサンがなるもの…なんて思っていませんか? でも、残念ながら年代にかかわらず、若い女性にも乳がん患者が増えています。


乳がんはどんな病気? 誰でもなるの? 乳腺の専門医で乳がんの知識や検診の普及に長年尽力している「ピンクリボンブレストケアクリニック表参道」院長、島田菜穂子先生にお話をお聞きしました。

Image title



--20代30代の若い女性でも乳がんが増えているのは、なぜ?


「日本では最近は12人に1人が乳がんにかかると言われます。乳がんは先進国で増えていることから、女性のライフスタイルの変化が大きく関わっていることは確か。 食生活が豊かで発育や健康状態がよくなったこと、初潮を迎える年齢が早くなったこと、なのに出産・授乳経験が少なくなったことなど、生活の変化が乳がん増加の原因になっているのでしょう」

Image title

--乳がんは、おっぱいの何がどうなってがんになるのですか?


「乳がんというのは、乳腺(母乳をつくるとこ ろ)にできる悪性腫瘍のこと。初期には、痛みはもちろん体調が悪くなるなどの症状はほとんどないんです。唯一の変化が乳房のしこり。しこりは1cm〜 2cmくらいの大きさになると、自分で注意深く触ればわかります。がん細胞が血管やリンパ管の流れに乗り他の臓器に転移し全身へ広がっていったり、乳腺の周囲の皮膚や筋肉へ広がっていったり病気が進行するにつれて治療が難しくなるのです」



--しこりは、小さくても自分で触ってわかるのですか?


「乳房のわずかな変化を見逃さないことが何より大事。 自己検診、なんていってやり方を紹介することもありますが、難しいことはしなくていいんです。乳房を押して調べるのではなく、オイルマッサージをするように、3本の指を合わせて、肌から指を離さずに連続してすべらせるようにしてクリームをなじませましょう。そうすると自然とうまい力加減で乳房の検診をできます。毎日触っていれば異変がなければ何も気づきませんが、何か変化があれば気づけるようになります。でも、しこりがあっあったからといって、それが必ず乳がんというわけではありませんから、怖がらないでやってみてくださいね」

Image title



【次ページをCHECK!】乳がんにかかりやすい人って?

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN