この秋主役にしたい「赤」を使ったトレンドメイクを岡野瑞恵さんが提案! 赤シャドウをおしゃれに昇華する色使いのバランスをレクチャーします。

赤メイク トレンドメイク  赤シャドウ 岡野瑞恵 泉里香

唇に、まぶたに、まつ毛に、眉に。
この秋、「赤」が私を強くする

時にパワフルに、時にセンシュアルに。今取り入れたいのは、私をちょっと大胆にしてくれる赤コスメ。色調もアイテムも豊富に揃って選びやすくなった赤を、この秋の主役に!

岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップアーティスト

岡野瑞恵さん

鮮度も肌映えも叶える
ポジティブな赤を味方に
マスク生活が当たり前になり、リップやチークの血色に頼りきれない今、積極的に取り入れたいのが赤コスメ。「赤」と聞くと、強くなりすぎたり、個性的になってしまったりと敷居が高いイメージの人も多いかもしれません。でもこの秋は目元にも眉にもデイリー使いしやすい赤コスメが続々登場。効かせても、なじませても今っぽく鮮度が高まり、肌映えまで叶えてくれるので、取り入れなきゃ損!

まぶたに、赤。
腫れぼったくなる……なんてイメージは今や昔。使いやすく進化した赤シャドウは、組み合わせ次第でカジュアルにも、ドラマティックにも印象自在!

メタリックグレーと赤でセンシュアルに。
辛口だけどミステリアス

見る角度で表情を変える、赤シャドウがポイント。無機質なメタリックシャドウの中央に血色を仕込むことで、肌と一体化し、グレー特有の重さをセーブ。リップは軽やかなイエローを合わせてバランス良く。

モデルメイクイメージ1

モデルメイクイメージ2

HOW TO MAKEUP
Aのグレーを上まぶたの目尻側に広げ、チップに余ったものを上まぶたの目頭側にも広げる。さらにまぶた中央にBの★を。下まぶたの中央にもポンと乗せ、サイドに軽くぼかす。チークはC-aC-bをブラシに混ぜ取り、頬を引き上げるようなイメージで斜めに。程よくクールな表情を引き出してくれる。唇にはDを直塗りし、カジュアルダウン。

A オンブル プルミエール ラック 17 ¥4290/シャネル(10/29限定発売) B アイカラー コンパクト 08 ¥4400/アナ スイ コスメティックス

宝石のような華やかな輝きで、まぶたを重たく見せない。オンブル プルミエール ラック 17 ¥4290/シャネル(10/29限定発売) B レッド×シアーな赤みパープルがセット。透明感のある煌めき。アイカラー コンパクト 08 ¥4400/アナ スイ コスメティックス

C プリズマティックラスター フェイスパレット 02 ¥6050/RMK Division(11/3限定発売) D デアリングリィディスティンクトリップスティック 13 ¥4290/THREE

OTHER ITEMS
血色ピンクとコントゥアカラーでメリハリをON。プリズマティックラスター フェイスパレット 02 ¥6050/RMK Division(11/3限定発売) ふわっと発色するマスタードカラー。デアリングリィディスティンクトリップスティック 13 ¥4290/THREE

MAQUIA 11月号
撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵 スタイリスト/平田雅子 モデル/泉 里香 取材・文/谷口絵美 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年11月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share