「MAQUIA」10月号では、私たちを夢中にさせる4大名品アイパレットを厳選! その比類のない素晴らしさを、コスメを愛する二人が熱くしゃべり倒します。今回はセルヴォークをピックアップ!

どう塗ってもこなれて見える! セルヴォークの名品アイパレットを深掘り_1

シャネル/ディオール/スック/セルヴォーク
誰をも夢中にさせる理由を徹底分析
私たち断然、4大パレットにぞっこんです!

森山和子さん

美容エディター&ライター

森山和子さん

フリーランスの美容エディター&ライター。数々の国内外のコスメを、日々試しまくる。

火箱奈央

マキアエディター

火箱奈央

きめ細かく繊細な肌を持ち、アイテムの良し悪しを瞬時に見極める。

ここ数年のブームの先駆け的ブランド
セルヴォーク
ヴォランタリー
ベイシス アイパレット 10

セルヴォーク ヴォランタリー ベイシス アイパレット 10 ¥6820/セルヴォーク

“テクニック無しで美しい陰影を加え、はっとするメイクを叶える”アイパレットシリーズから1種を。この夏の新色で登場した10番は、鮮やかな発色と抜け感を両立する。¥6820/セルヴォーク

ここがすごい!
どう塗っても隙が生まれるから
「こなれ感」が簡単に出せる


森山 このパレットは、数種類定番色があるけど、それぞれ質感も輝きも変えて作られているんだよね。この10番は全部パウダーだけど、クリームタイプが混じっている場合もあったり。
火箱 全部緻密に計算されているこだわりを感じますよね! 仕上がりに対する妥協がないというか。そして、とにかくメイクが立ちすぎないというか、全身でお洒落感が生まれるのも特徴ですよね。
森山 そうなんだよね‼ ブランドコンセプトの「天然由来成分×洗練モード」っていうのがすごく分かりやすくて、セルヴォークを使うだけであか抜けちゃう。このパレットも、何はともあれ、まずは塗ってみて欲しい!!! 私はこの抜け感のある仕上がりに心底感動したのよ!
火箱 粉質が軽やかで、それがいい意味で隙になるんですよね、きっと。
森山 まさに‼ 塗ってますって感じじゃなく、色のヴェールがかかる感じ。
火箱 指でもチップでも、どう塗ってもこなれて見えるところが素晴らしい‼


 


ここがすごい!
次に出るアイテムが
今、いちばん楽しみなブランド


火箱 言わずもがなですが、常に出るもの出るものが欠品して入荷待ちになるほど、「何で今までなかったんだろう?」っていう製品が次々とリリースされていきますよね。
森山 毎シーズン、「今回は何が出るんだろう⁉」って真っ先にチェックするぐらい、個人的にツボなアイテムが多い。黄みのリップとか「待ってました!!!」って感じで。“あったらいいな”が、セルヴォークにはある!
火箱 アジア人ベースで考えられているからこそ、一見難しそうに見える色もすごく馴染みやすいのが特徴ですもんね。
森山 そうなんだよね。クリエイティブアドバイザーのヘア&メイクの菊地美香子さんと、ディレクターの田上陽子さんのタッグで生まれるコレクションテーマも毎回斬新!
火箱 この時は“豊かさの再生”がテーマで、次の秋新色は“氷河期からの雪解け”ですもんね。壮大だし、奇想天外! それが楽しい‼
森山 いつも「おぉ~!」って、ワクワクを与えてくれるのって、本当にすごいよね。


 


ここがすごい!
利かせる黄色&寄り添う黄色で顔全体のトーンが揃う
黄みのバランスがとにかく絶妙!


森山 熱く語らせて頂きますが、このパレットの素晴らしいところは、この色みと質感! 右上に赤みのブラウンがセットされていて、これは味変用って考えているんだけど、残りの3色がまぶたに伸ばすと絶妙な黄みを放つの。
火箱 目視では分かりにくいですけど、下段2色も黄み寄りですよね! 
森山 そうそう! それがすごく秀逸で、左下は肌に寄り添うように馴染んで、すっきりと整えてくれるんだよね。右下も透けるカッパーみたいな黄みブラウンで、丁度いい締め感がある。そして、左上はちょっと大粒のラメなんだけど、イエローベージュって塩梅で馴染んで、効く‼  全てが丁度いい!!!(興奮)
火箱 もっと締めたいとか、赤みが欲しい場合は右上を組み合わせることもできますしね。
森山 まさに~! ニュアンスの色づきだから、他のパーツメイクも何でも受け止めてくれるし。黄みで統一してもいいし、ピンクやブラウン系も赤もいけちゃう。これ1つで無限です‼

肌と一体化する抜け感のある仕上がり。この使いやすさから、今回のヘア&メイクの犬木愛さんも、毎日スタメンで愛用中とのこと。

肌と一体化する抜け感のある仕上がり。この使いやすさから、今回のヘア&メイクの犬木愛さんも、毎日スタメンで愛用中とのこと。

HOW TO USE

HOW TO USE
左下の黄みベージュをアイホールにブラシで広げ、右上の濃いブラウンを目頭から目尻までチップ幅で塗り重ねる。あえてぼかさないのがカギ。さらに左上のイエローを、下まぶたの目頭から中央までのせて光と色のスパイスを加える。

Aスティロ ユー ウォータープルーフ N 943 ¥3520、Bイニミタブル エクストレム 10 ¥4730、Cジュ コントゥラスト 608 ¥6380、Dルージュ ココ フラッシュ 158 ¥4730、Eヴェルニ ロング トゥニュ 909 ¥3520/シャネル(CとEは限定品、Dは9月3日発売)

A 目元の軽さを消さないように、まつ毛のキワをブラウンのリキッドライナーで埋める。シュアネス アイライナーリキッド C 04 ¥3080、B 眉印象を自在にコントロールできる3色が1つに。中間のブラウンで眉全体をふんわりと色づけて。インディケイト アイブロウパウダー EX01 ¥3850、C 目元の黄みと統一感を出すため、オレンジブラウンの眉マスカラで、毛流れをとかしながらトーンを調整。インディケイト アイブロウマスカラ C 02 ¥3080、D 淡い血色感を加えるように、左のピンクをブラシにとり、頬に広くのせる。カムフィー ブラッシュ 06 ¥3850、E 秋新作のリキッド状のマットリップを、唇の中央からのせて指で馴染ませる。エンスロール マット リップス 03 ¥3850/セルヴォーク(Bは限定品)

MAQUIA10月号
撮影/柴田フミコ(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/林田岬優 イラスト/吉岡香織 取材・文/森山和子 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share