「洋服ファーストにするとメイクが簡単に新しくなる!」と話す河北裕介さんが、全身で考えるメイクバランスをレクチャー。今回は、「暖色パステル」を着る日のメイクのコツを教えます。

河北裕介さんが指南! 暖色パステルを着る日は全身の“甘さ度”を確認して_1

「服を着てからメイクする」には理由がある

河北裕介Presents「全身で見てyes!」なメイクをしよう

河北裕介さん

ヘア&メイクアップアーティスト

河北裕介さん

スピーディかつミニマムなプロセスで本来持つ美しさを引き出し、自信を高めるヘア&メイクを得意とする。

「洋服ファーストにすると
メイクが簡単に新しく!」
服とメイクって、すっごく関連性が強いもの。もちろん気分のままにメイクから始まる日があってもいいけど、とはいえ、顔と服がちぐはぐになるのは避けたいじゃない? 実は服が全体に占める面積って広いし、ディテールとか柄とか主張も結構ある。メイクの後にテンションを合わせようとすると結構ハードルが上がると思うんだよね。洋服を決めて、そこからメイクを仕上げた方が簡単。選ぶ色や質感が自然と変わるからメイクやヘアに広がりも出て、新しい自分に出会えるはず。
By Yusuke Kawakita

暖色パステルを着る日

暖色の醸し出す"甘さ度"をチェック

暖色の醸し出す
"甘さ度"をチェック
「メイクの甘さ具合ひとつで、お洒落にもダサくもなるから注意。服のデザインと一緒に全身の甘さ割合を引いて確認し、メイクには暖色エッセンスを一点差すだけに」

ヘアは?
さらりストレートで甘さを緩和
「肩が出ている&ワンピがAラインで可愛らしい雰囲気なので、軽やかにストレートのままが正解」

メイクはどうする?

メイクは?
ピンクは一カ所に&透け感重視で軽く
「全部ピンクで統一させちゃうと甘くなりすぎるから、目元だけにメタリックな光のもので変化球を。リップは赤で締めるのがオススメ」

Aキャビアスティック アイカラー R4 ¥3300/ローラ メルシエ ジャパン(8月25日発売) Bエスプリーク シフォンマット ルージュ RD410 ¥2530(編集部調べ)/コーセー(8月21日発売)

HOW TO MAKEUP
スティックの形状を活かしてアイシャドウAで上下まぶたをぐるりと囲んだら、即指でぼかす。頬には色をのせずに抜け感をキープしつつ、マットな赤リップBをチップで塗り、指でポンポンぼかして。

A アクセントになるメタリック発色。キャビアスティック アイカラー R4 ¥3300/ローラ メルシエ ジャパン(8月25日発売) B 軽やかなのに落ちにくい。エスプリーク シフォンマット ルージュ RD410 ¥2530(編集部調べ)/コーセー(8月21日発売)

MAQUIA 9月号
撮影/吉田 崇(モデル) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/鈴木愛理 取材・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share