コチラの記事に登場した化粧下地とコンシーラーで仕上げた透け肌ベースメイクには、カジュアルなワントーンメイクが好バランス。パレット1つで、ぬくもりのある好印象フェイスが叶うコスパもうれしい。

アイカラーやチークに使える6色パレットが活躍! 女性らしさが引き立つワントーンメイク

ベージュショートジャケット¥34,500/ハイムクンフト(モクオン) イヤリング/スタイリスト私物

山口真帆(やまぐちまほ)
女優・モデル
1995年9月17日生まれ。青森県出身。アイドルとして活動後、新たに芸能活動をスタート。ファッション誌やグラビアなど幅広く活躍。今年1月にはテレビドラマ初出演を果たし、女優としてデビュー。1st写真集『present』(宝島社)が好評発売中。日々のお手入れやコスメカウンター通いが趣味のTHE美容オタク。


ヘアメイクを教えてくれたのは…


ヘア&メイクアップアーティスト 永田紫織さん


藤原美智子氏が主宰するラ・ドンナ所属。藤原美智子氏、田中宏典氏、AYA氏、小田切ヒロ氏のアシスタントを経て、2019年独立。強さの中に無垢さを兼ね備えた女性像を得意とする。

使ったコスメはこちら

A.ハイライトカラーやアクセントカラー、グリッターカラーなど、目元からフェイスまで使える6色パレット。これ1つでコーラルベージュ系のワントーンメイクが完成。ケイト トーンディメンショナルパレット EX-3 ¥1800(編集部調べ)/カネボウ化粧品 B.7種の植物オイルを配合。じゅわっと唇に溶け込む発色で、ジューシーな唇に。軽やかな抜け感をもたらすクリアオレンジ。エクセル ニュアンスグロスオイル GO05 マンゴーキュイ ¥1400/常磐薬品工業

MAKE PROCESS

1.まぶたに血色感を与えるアクセントカラーA-①をアイホール全体に塗る。指でワイパーのように動かして薄く広げて。さらに、A-②のグリッターカラーを目頭のみにのせると、立体感がアップする。

2.締め色として使うA-③をチップにとり、まぶたのキワにのせて目元を引き締める。

3.A-①を下まぶたの目尻から2/3までのせる。

4.A-④のハイライトカラーをくすり指にとり、目頭にくの字を描くように囲む。目頭にハイライトを入れることで、きらめき感が引き立ち、目元のかわいらしさがアップする。

5.A-①をチークとして使い、頬の高いところにふんわりのせて、血色感を与える。

6.Bのグロスは、唇全体に塗ってから中央のみ重ね付けする。ぷっくりした立体感のある口元に。

目元も頬も唇も、自然な血色感! がんばりすぎないワントーンの抜け感メイクに


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


撮影/資人導〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/永田紫織〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/柿原陽子 モデル/山口真帆 取材・文/佐久間千絵 


share