春は、ときめくアイシャドウパレットがたくさん。中でも3つの印象を自在に作れる「マルチタスク」なパレットひとつあれば、新しい自分に出会えそう! 「MAQUIA」2月号から、印象自在のHOW TOをお届けします。

Image title

このパレットひとつあれば、3つの印象思いのまま
迷ったときの優秀マルチタスクパレット 1×3


Image title

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん


Image title

シャネル
レ キャトル オンブル 354で1×3

温かみを感じる、モーヴ、ピンク、ローズなどがパレットにイン。女性らしい優しさがありつつ、デイリーに使えるベーシックさも。¥6900/シャネル(1月3日発売)

“使いやすい4色のグラデーションだけど、マット、パールと質感はバラバラ。仕上がりに幅が出しやすくて面白いですよね。肌馴染みの良いダスティカラーでトレンド感も。” by KUBOKI


パレットひとつでこんなに優秀
✔異なる質感で印象を変えやすい
✔輝きのあるくすみ色でこなれる
✔すべて単色使いもOK


Image title

華やか美人印象

仕込みパールなら
品ありリッチな雰囲気に

あえて、最も輝きの強い色をベースに仕込むのがポイント。上からほかの色をレイヤードすることで、ゴージャスなパールに品の良さがプラスされ、美人度がアップ。濃い色リップでさらに華やかさを高めるのも◎。


Image title

HOW TO:
まず、❸をアイホール全体に、広めにのせる。次に❶を上まぶたの凹みまで&下まぶた全体にのせて。❷を、上まぶたは二重幅にのせ、下まぶたはまつ毛の間を埋めるように。締めすぎない囲み目アイの完成。

Image title


Image title

好感度高め印象

輝くコーラルピンクで
さりげなく印象的な目元に

肌の色や瞳の色に溶け込むのに存在感を放つ、パーリーなコーラルカラーを主役に。決して派手すぎないのに目元には強さが宿り、好印象な引き寄せアイに。


Image title

HOW TO:
パレット内でもキーになる、右下の色だけを使い好感度上げ。上まぶたには❶をまぶたの凹みあたりまでのせ、下まぶたには目頭を少しだけはずして。ワンカラーで目元を囲み、好感度とこなれ感を同時に叶える。

Image title


Image title

女っぽ印象

憂いを帯びた眼差しは
モーヴトーンのグラデで

女っぽさを引き立てるのが、パレット全体のトーンでもある“モーヴ”。似たトーンの3色を重ねて、大人っぽさも色っぽさも感じるニュアンスを目元に宿して。


Image title

HOW TO:
❸を上まぶたに広めにのせる。その上から❶を、上まぶたの半分くらいまで重ねて。さらに❷を上まぶたのキワにのせて自然なグラデーションにする。下まぶたには❸を、細いアイラインのようにのせて印象的に。

Image title



MAQUIA2月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物)  ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉  スタイリスト/平田雅子 モデル/黒澤はるか 構成・文/浦安真利子 企画/木下理恵(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA2月号☆好評発売中】


MAQUIA書影

MAQUIA2020年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share