「MAQUIA」12月号では、ブレイク中の女優・松本まりかさんにインタビュー。メイクをツールにいろんな自分の顔を引き出すという松本さんの美容観に注目。

女優・松本まりかのONとOFF。毎日違う私を楽しみたい!_1

気持ち、季節、会う人、予定。毎日私は変わるから
Everyday,
変わる私を楽しむ美容

今日の私と、明日の私がまるで別人に見えたっていい。気の向くままにメイクも印象もチェンジして、「自分を飽きさせない自分」でいたい。美容というツールを駆使していろんな顔を引き出す、私を楽しみ尽くすことこそ美容の真髄!


女優・松本まりかが「いろんな私」を魅せる
ONの私も、
OFFの私も、——。
メイクで、美容で、毎日違う私を楽しみたい!


Marika Matsumoto
1984年、東京都出身。15歳で女優デビュー。魔性の女役で注目を浴び、10月31日スタートの『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系・毎週土曜23時〜)に出演予定。計り知れないカメレオンぶりで、ブレイク中。

女優・松本まりかのONとOFF。毎日違う私を楽しみたい!_2

まりかのOff
くすみオレンジのチークを頬に広く入れ、鼻筋にもちょんと差すことでヘルシーでエモーショナルな表情に。まぶた全体にピンクみのあるつやベースを仕込み、下まぶたにはサテンのルームウエアの色をリフレインするようにピスタチオグリーンをポイント使い。ナチュラルな中に、ひねりを利かせたOFFメイク。


毎日が「自分遊び」。顔は、多いほど楽しい
——Marika


世間の関心が薄れるのは、想像以上に早いもの。想定内で飽きられないよう、常に予想を裏切る面白い人間でありたい」


ドラマでは、『竜の道 二つの顔の復讐者』での悪女役、『妖怪シェアハウス』で特殊メイクを施したお岩さん役を行き来しながら、バラエティやグラビアにも挑戦。静かな佇まいの奥に、無限の顔を隠し持っているような底知れない魅力を漂わせる。「今は、なんでもできる人になるために、修業をしているんだと受け止めています。お休みはいらないけれど、それでもあまりに忙しいとパンクしちゃいますよね。そんな時こそ自分を律して、どうポジティブに変えられるかを考えます。疲れたり落ち込んだりして“きつい、もういやだ!”となった時は、“こんなきつい私”の役で遊んでみる。人は多面体で、私の中にもいろいろな顔があります。毎日変わる自分を受け入れて、明日はこんな人、今日はこんな人と楽しんだもの勝ち。遊びに行けなくても、自分で遊ぶんです」


自分遊びの小道具は、メイクとファッション。「ビジュアルは大事です。鏡を見ながら、この服を着てこのメイクをしているならこういう役だと、無心で入っていけるから。その日の気分に合わせて、イメージを決めてチョイスします。誰に受けようが受けなかろうが気にしません。だって服やメイクが好みじゃなくても、気分のいい人と一緒にいる時間は楽しいし、男女問わず一緒にいて楽しいと思えたら、それはもう好きになっていますよね。だからこそ、自分の感性がYESとときめくものをまとい、気分良くいることが大切なんです。自分がどうありたいか次第で、ナチュラルメイクに古着の日もあれば、華やかな色を塗ってドレスを着る日もある。10の顔を持てば、 10倍楽しいし、10倍おいしい。一人の人生で、何人もの人生を楽しむようなものだから」

女優・松本まりかのONとOFF。毎日違う私を楽しみたい!_3

女優・松本まりかのONとOFF。毎日違う私を楽しみたい!_4

グリーンのリフレインで
ひと筋縄じゃない「素」を見せる


MAQUIA 12月号
撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 モデル/松本まりか 取材・文/長田杏奈 構成/山下弓子(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share