田辺彩です。

本日は夏の紫外線ダメージにさらされた髪をいたわる、一生モノのヘアブラシをご紹介します。



長きに渡り愛される英国伝統の最高峰ブラシといえば
MASON PEARSON メイソンピアソン
ジュエリーや時計にひけを取らないその佇まいは、
歴史と格式を感じさせます。

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_1


創業150年、すべての工程がイギリスの職人による手作業。
英国伝統のハンドメイドブラシは一生モノといっても過言ではない逸品。

“ヘアブラシ界のロールスロイス”
と称されることもありすでにご存知&お持ちの方も多いのではないでしょうか?

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_2


最高水準の素材を使い、
熟練の職人さんが時間をかけて作り上げるこのヘアブラシ。
猪毛が使用されているので使うごとに髪の油分が馴染み、優しい質感・感触に変化していくのも愉しい。髪をとかすだけでなく頭皮に程よい刺激を与えることで毛根部の栄養を上に行き渡らせることまで計算しつくされた最高品質。


小さなお子様が使えるものから老若男女、そしてあらゆる髪質の方が使える複数種類のヘアブラシを多く抱えるメイソンピアソン。先日購入した1本をきれいなうちに(笑)ご紹介できればと思います!

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_3


ポケットブリッスル ダークルビー ¥13,200

 

猪毛100%、メイソンピアソンの中では標準的な硬さのこちらは一番人気・定番のハンディブリッスルと同じスペックのサイズ違い。ハンディブリッスルより一回り小さいこちらはその名の通りポーチに入れて携帯しやすいポケットサイズです。

我が家には年季の入ったハンディブリッスルがあるのですが、あまり手入れをしておらず(昔の自分に喝!)かわいそうな見た目になってしまいました(でもまだまだ愛用します)…

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_4

比較してメリデメを伝えるなら持ちやすいのは断然ハンディブリッスルなのですが、髪が細く少ない私にとっては少し大きく。店員さんのアドバイスも有り、ポケットブリッスルを選びました。

結果、大正解。
小回りのきくサイズ感ながら品のある凛とした佇まいは健在。
そのコロンとしたかわいさは、今すぐ旅行につれていきたい衝動に駆られるほど…

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_5

ヘアブラシ一本に対して、と考えるとなかなか勇気のいる価格ではあるものの、きちんとお手入れをすれば半永久(?)的に使用できるきちんとした製品。


そして何より、長く使用すればわかる他ブラシとは異なる実力。使うごとに髪の艶が増すだけでなく、静電気がおきづらいので切れ毛防止にも有効。

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_6


程よくコシのある短めの猪毛は、刺激も少なくマッサージにもオススメ。店員さんいわく、柔らかくコシのない髪の方には猪毛100%がおすすめ、硬めでクセのある髪質の方には猪毛+ナイロンを両方使用したポケットミックスがオススメとのこと。


ピンク・ホワイトもかわいく人気のようですが
、私はやっぱりTHEメイソンピアソンなダークルビーに一票。

【ブラシ界のロールスロイス】メイソンピアソン・ポケットブリッスルで夏の髪ダメージをケア!美髪とともに“育てる”ヘアブラシ_7


メイソンピアソンデビューにも、
大切な方への贈り物にもぴったりなこちら。
クリーニングブラシできちんとお手入れをしながら、小傷すらも愛おしく感じるよう、長く大切にしていきたい一本です。

チーム★マキア/スキンケア

田辺彩

5年目/混合肌/ブルーベース

スキンケア&海外コスメ愛を熱量高く語る!

スキンケアのために働いていると言っても過言ではない!製品特徴だけでなくブランドヒストリー等、知って使いたいオタクブロガー。デパートコスメ・日本未上陸海外コスメが大好き。

share