satsukiです!



突然ですが、皆さん、オーガニックのアイテムってどれぐらい日常に取り入れていますか?
私は最近オーガニックアイテムに興味が湧いていて、ちょこちょこ取り入れているのですが、
そんなジャストなタイミングでマキアオンライン編集部様より届いたのがこちら。

【化粧水選びもサステナブルな時代】ジュリーク(Jurlique)ハイドレイティング ウォーターエッセンス+【オーガニックスキンケア】_1

ジュリーク(Jurlique)ハイドレイティング ウォーターエッセンス+/(6,900円 税込)

オーストラリアで創業されたブランド ジュリーク(Jurlique)。
今回ご紹介するのは、創業された1985年以来、創業者であるクライン夫妻がオーガニック認証自社農園で品種改良せずに大切に育てられてきたマシュマローのエキスを使った化粧水。

マシュマロ?!と驚きますが、
のんのん。こちらはあのふわふわのマシュマロではなく植物の方。
別名アルテアという名で知られる植物なのですが、土壌に深く根を張って育つような生命力あふれる植物で、肌の炎症を鎮め、健やかにしてくれる効果を持つ植物なのです。
まさにジュリークのスキンケアアイテムになくてはならない植物ということですね。



そんなマシュマローの根から抽出した2種類のエキスを主成分としたこの化粧水。
マシュマローの力を引き出すため2つの抽出方法を採用し、そこで生まれた2種類のオリジナルエキスのダブルアプローチによって「うるおい続ける肌」に導いてくれるそうです。




ジュリークは創業以来、自然の恵みを最大限に活用し植物を作っています。
Co2削減への取り組みや廃棄物ゼロといったまさに今、世界でも注目されているサステナブルという観点からも注目したいブランド。
この写真にも写っている袋もそんな取り組みの1つ。日本でももうしっかり馴染みつつあるマイバッグですが、ジュリークでもペーパーバッグが廃止。マイバッグが推奨されています。
再生コットンのシンプルでおしゃれなエコバッグも販売されていて、つい欲しくなってしまいます。



さて、使用感のお話です。
一番始めにまずお伝えしたいのは、この香り!
蓋を開けて、すーっと深呼吸。ふわーっと体中に広がるような深い香り。
森林浴をしているような、さわやかで心が落ち着く香りがします。



私がオーガニックアイテムに興味を持ち始めたきっかけも実は香り。
もともと天然製油のような香りが苦手だったのですが、年齢を重ねていくうちにだんだんこのナチュラルな香りに心が解けていくような感覚を覚えました。
それが何かのきっかけかというと特に理由なんてなくて、単純に心が自然の香りに体が反応しただけ。この化粧水の香りもまさにそんな感覚を感じられるものだと思います。香りってやっぱりダイレクトに伝わるもんだなーと改めて実感。

少しとろみがあり、肌全体にぴたーっと潤いが閉じ込められるような感覚もすごく心地がよく、これから冷房や紫外線で乾燥気味になりがちな季節にもぴったりの質感です。
手でしっかり馴染ませるもよし、コットンでパックしながらリラックスするもよしの使い方ができるのでぜひ新学期や新生活で日々忙殺されて、心すり減っている人(笑)は使ってほしい1本です。
(これ使って、よく眠って、程よくがんばりましょう!新生活!)



satsuki


チーム★マキア/インナービューティ

satsuki

5年目/乾燥肌/イエローベース

洒落感な雰囲気にファン多数

本人のビジュアル、写真、メイクの全てにおいて“洒落感”が光る人気ブロガー。香水・ネイルネタにも明るい。

share