こんばんは、Ayuです♡


 

 

梅雨間近、日に日に暑くなっていますね(^^)

この時期、気になる美容ネタといえば…

やっぱり紫外線対策♪

 

 

日焼け止めで防御するのは基本中の基本、

日傘や帽子やサングラス、UVグッズで

極力紫外線を浴びないようにしたり

飲む日焼け止めを取り入れたり!

 

皆さんいろいろ手を打っているはず。


春先からスキンケアラインを

美白系に変えるのもオススメです♡


 

やっぱりシミは作らないほうが良いし、

紫外線に当たることで、

肌老化は加速しやすくなる!

 

 

 

紫外線をいかに浴びないかも重要だけど、

身体の内側から働きかけるのも有効^^

 

そう、毎日の食事でも

紫外線対策を心掛けること★

 

 

 

美白に効果を発揮する
《6つの栄養素》をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

①ミニトマト

(リコピン)
紫外線に負けない、6つの美白食材。_1

美白効果が抜群です♡
 
ミニトマトは栄養素が

普通のトマトより凝縮されていて、
 
リコピンが豊富(^^)
 
リコピンは強力な抗酸化作用があるので、
 
メラニン色素の合成を抑えてくれるんです♡
 
でも夏野菜は身体を冷やすので
 
取りすぎにも要注意!
 
 
 




 
②玉ねぎ、ニンニク
(アリシン)

紫外線に負けない、6つの美白食材。_2

アリシンは血管を広げて血流アップ⤴️⤴️
 
メラニンの排出を促して
 
シミを防いでくれるんです♡
 
玉ねぎのアリシンは熱と水に弱いのが特徴…
 
油と一緒に炒めると分解されにくい!
 
ニンニクの強烈な匂いはアリシンから(^^)/
 
細胞を壊すとアリシンが発生するので、
 
すり潰したり刻むのがオススメ。
 
 
 
 
 
③アボカド、ナッツ
(ビタミンE)
 

紫外線に負けない、6つの美白食材。_3

強力な抗酸化作用(^^)v
 
血行を促進してメラニンの定着を防ぎ、
 
美白に欠かせない栄養素♪
 
 
 
 

 
④レモン
(ビタミンC)
 

シミの原因となる活性酸素を除去し、
 
メラニン色素の合成を抑えます!
 
コラーゲンの生成を助けて、
 
シワやたるみも防いでくれます。
 
ただし、レモンに含まれるソラニン
 
紫外線の吸収を高め、
 
摂取してから約2時間で、
 
紫外線吸収率がピークに達します。
 
ですので、朝摂取するのはNG🙅‍♀️🙅‍♀️🙅‍♀️
 
その他の柑橘類にもソラニンが含まれるので、
 
朝食にレモン水やオレンジジュースは
 
逆効果なんです:(;゙゚'ω゚'):
 
 
 



⑤納豆、鶏肉
(メチオニン)

紫外線に負けない、6つの美白食材。_4

L-システインを作るのに必要なのが

メチオニン(o^^o)

 

L-システインは、

紫外線で乱れたターンオーバーを整え、

シミの素となるチロシンが

メラニン色素になるのを抑えてくれるんです♡

 

メチオニンは体内で合成出来ないから、

食事で取り入れよう🍽

 

 

 

 

 

⑥青ジソ、にんじん

(βカロチン)

紫外線に負けない、6つの美白食材。_5

肌の保湿機能を高めてくれるβカロチン\( ˆoˆ )/
 
日焼けによる乾燥を防ぎ、
 
強い肌を作ってくれます!
 
抗酸化作用も強いので、
 
積極的に摂ることをおすすめします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほとんどの食材が手軽に
 
スーパーなどで手に入りますし、
 
馴染みがある食材ばかりなので、
 
調理しやすいですよね!
 
 
外側からのUVケアも強化しつつ、
 
インナーケアも是非、
 
良いとこどりでやってみてくださいね。
 






Instagram @ayu_27s
https://www.instagram.com/ayu_27s/

紫外線に負けない、6つの美白食材。_6

MAQUIA エキスパート

AYU

4年目/乾燥肌/ブルーベース

ポジティブ美容!自分らしく美しくなるコツを提案

「美しくなることは、自分を好きになること」をモットーに、自分らしく美しくなる《ポジティブ美容》を心がけている。
元ネイリストの経歴もあり、その他スキンケア・メイク・ボディメイク・インナービューティーなど美容全般が大好き。その中でも特に力を入れているのが眉メイク。
最近では、時代に沿ったサステナブルなクリーンビューティーを模索中。

share