「自分に似合うメイクの見つけ方」をメイクのプロフェッショナルが提言

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」4月号から、メイクのプロフェッショナルたちに聞いた「自分に似合うメイク」の見つけ方をお届け。自分だけの正解を見つければ、今までで一番、あなたを輝かせるメイクに出会えるはず。

Image title

アーティストに聞きました
どうしたら自分に似合うメイク、見つかりますか?

“自分だけ”のさらなるキレイを具現化するために。プロフェッショナルたちからの提言が、きっと新しい気づきをくれる!


品格あるセンシュアルメイクの旗手

河北裕介さん

「憧れの顔をなぞるのはやめ、
自分の顔をとことん研究!」

若いうちは人真似でもなんでもいい。でも30代にもなったら、鏡や自撮り写真を見倒して、自分の顔を全身とのバランスも含めて徹底的に研究してみて。構造は? 気になる顔の「余白」はどこ? 好きな服とマッチしているかどうかもすごく大事。 昔ほめられたメイクを、そのままひきずっているのもダメ。「今」ほめられる、品よく色っぽい大人のメイクを探そうよ。

Image title


美人度を上げるメイクのカリスマ

CHIHARUさん

「感性を磨き、自分らしさの
「軸」を見つけることから」

自分が好きなもの、アンテナに引っかかったものを試して、それを集約していくこと。そうすると「好き」はいつか「個性」に変わる。感性のアンテナが鈍っていると感じたら、雑誌でも写真集でもいいからたくさん情報が詰まったものを前に置いて、片っ端から好きかどうかジャッジしてみて。それを繰り返すと、きっとそのうち揺るぎない「自分軸」が見えてくるから。

Image title


愛のある愛されHAPPYメイクの巨匠

千吉良恵子さん

「トータルバランスを見極める
ことが“似合う”の第一歩」

ヘアとメイクとファンション。3つのバランスがとれてぴたりとハマったら、それが「似合っている」ということ。たとえばハードルが高いと思いがちな赤リップも、髪をタイトにしただけで知的でカッコよく見せられるかも。ちぐはぐにならないよう、まずなりたいスタイルの方向性を絞り込んで。メイクが似合うかどうかは、顔だけでは決められないんです。

Image title


色っぽ可愛いメイクでブームを牽引

イガリシノブさん

「似合わないものはない。
指標をもって“似合わせ”て」

「似合う」の基準をどこに置くのか、まずそれを決めること。今どきの顔を目指すのか、小顔に見せたいのか、美人といわれたいのか……。あとは失敗覚悟でいろいろとにかくチャレンジ! 肌の色は白じゃないから、のせるとコスメの色も変わります。一度塗りと二度塗りでも違うから、自分の肌の色の傾向を知れば、つけたい色を「似合わせる」ことだってできるはず。

Image title



【次のページをチェック!】「似合うメイク」に必要なこととは……?

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN