神崎恵流・梅雨時ヘアアレンジ♡ あえてクセを生かす「女っぽシニヨン」

ヘア
いいね! 1件

髪にとって、ストレスフルな梅雨は目前。そこで、実は髪悩みが多いという神崎 恵さんに、この季節を快適に乗り切るヘアアレンジ術を教えてもらいました。「MAQUIA」7月号から、あえてクセを生かした「女っぽシニヨン」を紹介します。

Image title

4重苦ヘアを受け入れ、
理想の髪型を手に入れる。

私の髪って実は、多いし、硬いし、太いし、クセ毛。柔らかそうな髪と言われることが多いのですが、実際は柔らかいのではなく、柔らかそうに見せているだけ。そのカギは髪の乾かし方とアイロンのかけ方にあります。根元を立ち上げながら乾かし、ストレートアイロンで扱いやすいベースを作り、そこからアイロンで理想のウエーブヘアに仕上げます。理想の髪質は自分で作れるもの! あきらめずにテクニックを駆使すれば、どんなヘアも思いのままです。


あえてクセを生かした
ゆるっと女っぽシニヨン

うねっているからと仕方なくまとめるのではなく、そのクセを生かしてアレンジをすると、ポジティブに転換! 顔まわりの髪のみアイロンで巻くと、無造作感が高まり、こなれた雰囲気に。


H O W  T O

Image title

顔まわりの髪を残し、毛先を逃がしたシニヨンに。耳は半分隠すと好バランス。


Image title

残しておいた毛先を、結び目を隠すようなイメージでぐるりと巻きつける。


Image title

巻きつけた毛先をピンどめ。1度で固定できない場合はピンを数本使って。


Image title


MAQUIA7月号

モデル・メイク/神崎 恵 撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) ヘア/津村佳奈〈Un ami〉 スタイリスト/川﨑加織 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN