2週間で本気痩せを目指す!まずはあなたの「太りタイプ」を知ることから

ボディ
いいね! 51件

「MAQUIA」6月号ではフィットネストレーナー森拓郎さん独自の本気痩せメソッドをご紹介。まずは自分の太りタイプを知ってダイエットを始めよう!

Image title

著書累計30万部!

Image title

フィットネストレーナー
森 拓郎さん

自身のスタジオ「rinato」にて、ボディメイクやダイエットを指導。『オトナ女子のための食べ方図鑑』(ワニブックス)などダイエットに関する著書も人気。


痩せ体質を作るには
代謝の引き上げが大事

 昔は食事を抜けば1~2キロはスルッと落ちたのに、最近は少しくらいの節制では、体重計の針がビクともしないのはなぜ?
「食事制限によるダイエットは、脂肪と一緒に、代謝に必要な筋肉も落ちてしまいます。若い頃より食事を抜くダイエットを繰り返した結果、筋肉はどんどんそげ落ちて、代謝の低下は加速。加えて、基礎代謝は30代から1年に約1%ずつ低下するといわれています。結果、以前のように食事をコントロールするだけでは痩せなくなってしまうのです」

 30代ダイエットに必要なのは、代謝力を引き上げること。

「代謝を高めるためにはカロリーを抜くのではなく、代謝に必要な栄養素で体を満たすことが先決。筋肉の材料となるたんぱく質を積
極的に摂ることが重要ですよ」


大人ダイエットのポイントは4つ!

1 基礎代謝は「持ち点」と心得よ
食事制限を繰り返し筋肉量が落ちたところに、加齢による代謝低下も。「持ち点が高いほど痩せると考えて。10代に比べ、持ち点は半分ほどの人がほとんど。この状態で食事量を制限して減量すると、さらに痩せにくく。ダイエット劣等生にならないよう、基礎代謝=持ち点UPに励んで」

2 圧倒的に足りないのは「たんぱく質」
たんぱく質は代謝の要となる筋肉を構成する要素。「たんぱく質の摂取量が減ると筋肉がどんどん分解されて痩せにくい体になってしまいます。たんぱく質の1日の必要量は体重1kgあたり1g。体重50kgなら50gが必要です。毎食、肉や魚などを手のひら1枚分を目安に摂りましょう」

3 ダメージ食材「果糖ブドウ糖」に注意
「果糖ぶどう糖液糖」は清涼飲料水、炭酸飲料、スポーツ飲料などに多く含まれる人工の甘味料。「血糖値を上げない代わりに、中性脂肪として肝臓にストックされます。肝臓は、基礎代謝の3割を占める重要な器官。よって肝臓の働きが落ちることは、代謝低下に直結するのです」

4 食事の内容だけでなく「食行動」もカギ
水分摂取はいいけれど、食事中に摂るのは要注意。「水で流し込むようにして食べると、必然的に咀嚼回数や唾液の分泌量が減り、消化不良を起こしたり、満腹感が得られず、食べすぎの原因に。食事の際は水を遠ざける。1口30回を目安によく噛んでゆっくり食べることが大切」



太り方は3タイプ

まずは自分のタイプを知ろう

ダイエットを始める前に、自分の肥満タイプを把握することが重要。食べグセ(好きな食べ物)、生活習慣、体型の特徴などからズバリ判断します。

Image title

Image title

Image title


AのYESが3個以上

または一番多いあなたは……

お腹太りタイプ

体重は標準なのに、体脂肪過多。3タイプの中で筋肉量が少なく、お腹周りのインナーマッスルも非力。内臓を支えきれず、 お腹がぽっこり出てしまう。


食べグセDATA

・食事の量を減らしお菓子を食べる

・食事の内容にこだわりがない(粗食)
・1日1食の日もしょっちゅうある

・糖分多めのドリンクで栄養補給
・食べすぎると調子が悪くなる

太りグセDATA

・体重は標準。体脂肪は肥満の域

・お腹周りに脂肪が集中
・運動不足により筋力は年々低下

・体幹が弱いため姿勢はよくない
・手足は細いので、スリムと言われがち

BのYESが3個以上

または一番多いあなたは……

全身ちょい太りタイプ

他人に「太った?」と指摘されるほどではないが、全盛期より2〜3kg体重が増加。パーツに偏りなく脂肪がついている。糖質、脂質の摂りすぎが主な原因。


食べグセDATA

・毎食炭水化物は必ず摂る

・揚げ物好き。味覚が男子寄り

・あまり噛まずにすぐのみ込む
・カルビなどの脂の多い肉が好き

・残すのが苦手。満腹でも完食する

太りグセDATA

・水分の摂りすぎで代謝が低下

・運動不足が体脂肪の蓄積に!
・ストレスは食べることで発散

・全身にうっすら脂肪がついている
・昔着ていた服が今は入らない

CのYESが3個以上

または一番多いあなたは……

下半身太りタイプ

上半身は割とスリムなのに、お尻や足がたくましい。果物でたとえると洋なし。骨格の問題も大きいが、女性ホルモンの乱れも原因に挙げられる。


食べグセDATA

・大豆製品を積極的に摂っている

・加工食品をよく食べる

・サラダにはドレッシングが欠かせない
・青魚があまり好きではない

・お惣菜を買って食べることが多い

太りグセDATA

・上半身と下半身のバランスが悪い

・下半身が冷えている(血行が悪い)
・脚がむくみやすくお尻も冷える

・下半身の筋力が衰えている
・歩き方に変なクセがある


MAQUIA6月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/中山夏子 スタイリスト/由里本 舞 モデル/中西麻里衣(マキアビューティズ) イラスト/加納徳博 構成・文/平田桃子〈verb〉 企画/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN