#炭酸美活 「"炭酸水で天然ってどういうこと?」炭酸水について学ぶ【ドイツ旅レポ】

インナーケア
いいね! 6件

〔PR〕

美容や健康に嬉しい働きがある炭酸水。

そこからさらに炭酸水の‘種類’

選ぶとこによって

より健康にも美容にも嬉しいことが

あるって知っていますか??


味、炭酸強度、美容、健康、

それぞれ炭酸水を選ぶ基準があるかと思いますが

我らがMAQUIA ONLINEが着目したのはもちろん美容的観点!

“天然”炭酸水

ゲロルシュタイナー


Image title



ということでMAQUIAブロガー代表、

私マクル、ブログレポーターとして

ドイツに降り立ったわけであります。


マキアオンラインチーム&ポッカサッポロさんチームで。

Image title



なぜ天然炭酸水を選ぶのか

そしてゲロルシュタイナーについても

皆さんに知っていただきたいと思います!


ゲロルシュタイナーは、

100年以上の歴史があり、

1日平均350万本をボトリングする

ドイツで最も愛されている天然炭酸水。

海外への輸出量も国内トップを誇ります。

日本での知名度は正直まだまだですが

なんと世界での売り上げもトップ!!
※2位ペリエ、3位サンペレグリノ



日本ではポッカサッポロさんが

2004年からガラスビン容器で販売開始。

2006年からペットボトル販売を開始して、

今年はPET発売10周年なのだそう。



本国ドイツではサイズ展開や種類も豊富でした。

こちらは左から炭酸、微炭酸、炭酸なしの3種。


Image title



丘の上から撮ったゲロルシュタイナー本社&工場。

白い建物は全て工場!

ひろーい!!


Image title



ヨーロッパでは水源近くで

ボトリングすることが定められていて

更に環境についても規定があるそうで

とっても空気が綺麗な美しい場所でした。



本社&工場の見学もさせていただきました。

本社ではCEOアクセル ダーム氏が

ご挨拶してくださったり、

インターナショナル部門

エグゼクティブ・バイス・プレジデント

ディートマー シュピレ氏が

ゲロルシュタイナーについて

ご教授してくださいました。

Image title



ゲロルシュタイナーの最大の特徴なのが

他にはない水源

だという点。



約50万年前のアイフェル火山の

火山活動でできた炭酸と

ミネラル豊富な苦灰石(ドロマイト)など

独特な地形が特徴。

アイフェル火山は

ユネスコジオパークにも指定されています。



雨水が幾重もの岩で自然にろ過され

純度を保ちながら100年かけて下降、

地下深くの火山が冷えてCO2が上昇、

その天然水とCO2が天然炭酸水になり

地下200メートルにたまったのが

ゲロルシュタイナー。


Image title



天然水に鉱石内の豊富なミネラルが

CO2のおかげでたっぷり入ることで

ミネラルたっぷりな天然炭酸水が

生まれるのだそう。



ミネラルたっぷりなので

硬度はコントレックスと同じくらいの

高硬度なのですが天然炭酸のおかげで

硬水独特の飲みにくさがなく

おいしくシュワシュワしながら飲める

という点もいいところ♪



本国では種類も豊富!

日本で販売されているもの以外に

微炭酸、炭酸なしやフレーバー入りも♪


Image title


Image title



工場ではエンジニア部部長

アント・ブクセンシュッツ氏が

工場を案内してくれました。


Image title


初代ボトルの展示もあり歴史を感じました。


Image title



社食ではドイツのイケメン従業員さんと

カンパーイ\(^o^)/


Image title



工場にはゲロルシュタイナーの

かわいいオブジェも♪


Image title


天然炭酸水のほうが

ミネラルたっぷり、そして水なので

勿論ノンカロリー、ノンシュガー、

泡まで天然で全てナチュラル

という点でおすすめしたいです!

それと、硬度が高いけど、天然炭酸だから

飲みやすいというのも大きな特徴です。



1週間飲み物はゲロルシュタイナーだけという

Water Weekというイベントを

本国ドイツでは開催したこともあるそう。

アメリカでもFacebookを使った

イベントが開催されたり、

日本でも現在インスタグラムで

ファスティングがチャリティになる

イベント開催中ですよ~!

HPからチェック! ⇒ #fastingcharity


ゲロルシュタイナー


ゲロルシュタイナーの秘密を探るドイツ旅

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN