女子のなかでじわじわと着用率が高まっている黒のマスク。クールなマスクのときは、あえて可愛らしさや血色感を意識せずに、パープルのカラーライナーを主役にしたハンサムなメイクを合わせて。アイラインが引き立つように、まぶたは色味を主張せず、グレージュのツヤ感を。涙袋にパール感をプラスすると黒マスクをしていても、表情が明るく見えるんです。

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_1

教えてくれたのは
Georgeさん

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

『MAQUIA』をはじめ多数のビューティ誌・ファッション誌で活躍中。韓国コスメに造詣が深く、インスタグラム(@george828)YouTube channel『George's Beauty up』でも新作コスメを紹介中!

黒マスクメイクに使ったコスメはこれ!

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_2

A ツヤと透明感を演出するハイライト
繊細なパールを配合し、ほんのりピンクベージュがかったハイライトカラー。つけたての仕上がりが長時間続く。フェイスエディション(フェイスカラー)01 ¥1800/エテュセ

B 天然ミネラルの繊細なパールがつややか
まぶたにぴたっと密着し、ヨレにくいクリームアイシャドウ。まぶたのくすみを払い、低刺激処方で目元の乾燥を防ぐ。ミネラルアイバーム アッシュグレイ ¥2500/エトヴォス

C 透明感のあるグリッターパールのアイカラー
上品なキラキラ感で目元に立体感と華やかさを与える。スキントーンのピンクがかったベージュピンク。3CE EYE GLINT #INSIDE SHOW ¥1940/スタイルナンダ 原宿店

D 極細ラインで目元を自然に際立たせる
極細芯なのにすっと溶け込むような、なめらかな質感。ウォータープルーフ処方。あたたかみのあるウォームブラウン。アイエディション(ジェルライナー)03 ¥1200/エテュセ

E ミステリアスな雰囲気を引き出すパープル
皮脂や湿気に強いインクで、パンダ目になりにくいアイライナー。ぬるま湯で簡単にオフ。ウズ アイオープニングライナー パープル ¥1500/ウズ バイ フローフシ

Process

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_3

1 Bのアイカラーをアイホールよりやや広めにのせる。二重幅あたりはやや濃くなるように意識し、自然なグラデーションになるように指でラフにぼかして。

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_4

2 涙袋全体にCのパール感のあるアイカラーをのせ、黒マスクでも表情を明るく見せる。

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_5

3 Dのブラウンのアイライナーで上まぶたにインサイドラインを入れ、自然に目を大きく見せる。

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_6

4 Eのパープルのアイライナーを目頭から目尻まで細く入れる。目尻はやや太めにして自然にハネ上げて。

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_7

目の下にAのハイライトをのせ、指で広げる。目の下からマスクの境目にツヤ感を与えることで、マスクをとったときも自然に潤って見える。

目元美人の黒マスクにはジャケットコーデでハンサムに

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_8

ジャケット¥81000/アーチザ(シップス ルミネ新宿 WOMEN'S店) ワンピース¥36000/アダワス(シップス 渋谷店)

目元を印象づけたクールなメイクに、ジャケットを羽織ってよりかっこよく。パープルのアイライナーとリンクさせ、グリーンなど寒色のシャツを合わせれば上級コーデに!

リップを塗るなら…

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_9

ブラウンのリップで大人の落ち着きを

Georgeさん直伝! 黒マスク×カラーアイライナーでマスク美人に



_10

まぶたや肌をツヤっとさせたメイクに、マットで落ち着きのあるブラウン系のリップを合わせると顔全体がセンスよく引き締まる。唇全体にラフに直塗りして。
マットなのに驚くほどなめらかなテクスチャー。透明感があり、重ね塗りで色づきを調整できる。LAKA スムースマット リップスティック 04 ZETTA ¥1800/アイエヌイー

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル)、久々江 満(静物) ヘア&メイク/George スタイリング/柿原陽子 モデル/泉 はる 取材・文/佐久間千絵 構成/佐藤 陽

share