みなさんから届いた質問やお悩みに、えみが真正面から向き合う大人気連載。人間関係に関する様々なお悩みに居酒屋でお答えする特別ver.でお届け!

鈴木えみ お悩み

えみはどう考えて、どう思う?
EMI SAYS...,

Q.人間関係で悩むことってありますか?

A.何かあったらすぐ本人に聞くから、
悩むことは本当に少ないと思う
常に誰かと揉めている人っていますよね? そういう人を見ていると、何かあっても相手に直接聞くのが怖くて、自分の中で物語を創り上げて、ネガティブな思い込みがどんどん加速しているように見えるの。相手はそんなつもりじゃなかったりするのに。だから、何か悩むことがあるなら、勇気を出して話してみるのはどう? もちろん言い方は大事だから、私も気を付けるようにはしています。なるべく素直に優しく、決して攻撃的に聞かないようにね。言いたいことをちゃんと伝えるってことは、「いい関係でずっといたい」っていう想いで、相手を大切にしている証拠だから。

Q.マウンティングにはどう対処すればいいですか?

A.「え、マウンティングですか~!?(笑)」
って言っちゃうかも
そうすると「え、違う違う~!」って言って、二度としなくなるから。みんなも使ってみてね。それに、相手はもしかするとマウンティングのつもりじゃないかもしれないし、その確認の意味も込めてまず先に言っちゃうのがいいと思う!

鈴木えみさん-1

Q.えみさんの親友ってどんな人たちですか?

A.生産性のない話で
ずっと楽しめる人たちです
私ね、“親友”って言葉はどこかわざとらしくて、あえて口に出すものじゃないと思ってるんです。「もう付き合い長いよね」って一言で分かるものだし、なんか“親友”って言葉には執着みたいなものを感じてしまうのかも。でも、いわゆるそういう長い付き合いの友人たちは、飲んでいる席で他愛のない話をひたすらして、楽しく一緒にいられる人たちかな。逆に、夜の飲みの席でお仕事の話とかになると途端に帰りたくなっちゃう(笑)。真面目な話は、ランチかお茶のときとかがいいな。

Q.人との距離感ってどうしてますか?

A.まずは、自分の心地よい
距離感を一度考えてみて
友達と会っているときは楽しい時間を過ごしたいけど、みんなそれぞれ忙しいし、毎日連絡を取りたいタイプってわけではないかな。でも、そういう密な距離感が好きな人もいるよね、延々とLINEが続くような。でも私はそうじゃないから、まずは自分を軸に考えて、そのうえで相手のタイプに合わせた距離の取り方をしています。あっ、ただひとつ! 遊んだ次の日にお礼を言われると逆に距離を感じるかも。そういう丁寧さがない方が、気の置けない感じがして心地よい気がします。

鈴木えみさん-2

Q.口が軽かったり愚痴コミュニケーションをする友達に悩んでいます。

A.その話題に乗っからずに、
サラッと話題を変えちゃう
愚痴コミュニケーション、嫌だよね~。「聞きたくない」っていうのは感じ悪いから、「あ、そういえばさ~」って話題を変えちゃうことが多いかな。口が軽い人はサービス精神旺盛な人なんだろうなって思ってるけど、やっぱり内緒の話とかはしないよね。

Q.仲良かった人と距離を置きたいって思ったことはないですか?

A.もし自分がそう思ったら、
会う頻度を減らすかも
生きていると恋愛や結婚、仕事とか色んな事が影響してくるもので、ずっと変わらずにいるのも不自然だと思うの。私自身も誰かに「最近変わった?」って思われているかもしれないし。だから、何をしたとかされたわけじゃないなら、別に悩んだり相手を責めることでもないと思います。また密になる時期が来るかもしれないし、来ないかもしれない。それは、自然の流れに任せればいいんじゃないかな。とはいえ、友人として「それはなくない?」って思うような酷いことが何回かあったら疎遠になるかな、きっと。

鈴木えみさん-3

MAQUIA 10月号
撮影/Sakai De Jun ヘア&メイク/山口恵理子 スタイリスト/榊原優佳 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2022年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share