肌が食べるジェリー、一度は目にしたことがある?アスタリフトのジェリーアクアリスタ。

今までも何度もレポートさせて頂いているのですが、

やっぱりこの時期になると神コスメとして君臨するこのブースター。

MAQUIA2019年下半期のブースター部門でも見事1位を獲得しています。


Image title

 

セラミドが減少するのは年齢だけではなくストレスにも影響する、

ということを解明した富士フイルム。

セラミドはこのジェリーアクアリスタだけに配合されています。

 

某日開催されたASTALIFT × MAQUIA

『アスタリフト Presents Beauty Party

初めて手にする方も交えながらアットホームなパーティでした。

Image title

 

富士フイルムといえばもともと写真の会社、科学から解明することで

その技術を活かして作られた化粧品がアスタリフトです。

ナノテクノロジーはその代表的な技術ですが、ここで実験結果を。

Image title

色がついているほうはナノ化された液体(右)

透明に上の方に浮いているのが普通の液体(左)

 

肌に入っていくことを想像したら…

普通の液体は肌の奥深くに入っていく気がしない…


Image title

ちなみに牛乳をナノ化してみてもこんな感じです。

これだけ細密化されているからこそ肌の奥深くまで届くってもんだ。

 

アスタリフトのラインナップは2つあります。

Image title

 

◆清楚の美白ユリ組:アスタリフトホワイト(美白ライン)

Image title

春の美肌劇団でリーダーを務めさせて頂きました。

美白化粧品てさっぱりしているので保湿は物足りない、って思っていました。

しかしこのアスタリフトホワイトは違うんです!

パーティでも早速使ってみたブロガーさんからもそのような声が続々。

これから花嫁を迎えられる方もこれでお手入れしているんだって!

 

◆情熱のハリバラ組:アスタリフト(保湿ライン)

Image title

私、このアスタリフトの製品全部使ったことがあります。

特に秋から冬にかけてこちらにシフト、とにかく保湿力が抜群。

中でもオススメなのはナイトクリームです。

特に乾燥に悩んでいる方はぜひ使ってみてほしいです。


Image title


次のページへ続く➡

パーティではアスタキサンチンたっぷりのお料理を頂きながら、

少人数制だったのでCozyな空間で初めましての方ともお話しできました。

会場は広尾にあるBINE、駅からちょっと歩くけどとっても素敵なところ。


Image title

私がアスタリフト製品の中でトップ3に入るおすすめ、

それは ピュアコラーゲン10000なんです。

30mlの中に名前の通りピュアコラーゲン10,000mlと

そしてシジミに含まれるオルニチンも400mgも入ってる!

呑兵衛にぴったり、美肌も叶うという夢のようなドリンク(笑)。

これ、私の場合はホントに二日酔い知らずです。


Image title

そして様々な空間では、フラロッソが体験出来たり、

サプリメント、アスタリフトメンズがあったりと様々。

※メンズはまた別にご紹介いたします♡


Image title

 

当日はお土産で白か赤かを選べたのですが

やっぱり冬でもゴルフやスノボーでで紫外線を浴びるので

美白ラインのアスタリフトホワイトをセレクト。


Image title

 

週3-4日が出張な私にはかなりぴったりのこのトラベルセット。

※ホワイトラインを選んだのでマスクはホワイトだったのですが、

なぜかセットは赤の保湿ライン、というミックスが入っていたので両方堪能。


Image title

 

今までトラベルサイズにスパチュラは入っていなかったのですが、

今回から?ミニサイズのスパチュラまで入っていて感動。

小さなサイズにまでこの気配り、さすがです。


Image title

 

美白タイプのマスクは1枚になっていて、目の下のところが分厚くなっています。

一番紫外線が集まるところを集中してケアできる仕組みになっているから

ずぼらな私も意識することなくかゆいところに手が届くシステム。

ちなみにモイスチャータイプの赤は上下別れていて引き締め効果もあるタイプ。

 

お好みやTPOに合わせてセレクトできるのが嬉しいですね。

まだ使ったことがない方は、トラベルセットからでも

十分満足できるのでまずは年末年始に使ってみてほしいです!

 

 

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share