うるおい段違い! 化粧水の浸透を高める二刀流コットン術を教えます

スキンケア
いいね! 0件

毎日、化粧水の役目を意識しながら肌に入れ込んでいますか? 少しの工夫で、その力をもっと引き出すことができるんですよ! 「MAQUIA」7月号では、美容賢者達の化粧水活用テクをたっぷり紹介しています。今回は、栄養の浸透しやすい、やわらかくうるおいに満ちた肌に仕上げる化粧水の塗り方を、美容ジャーナリスト小田ユイコさんに教わりました。

Image title


美容ジャーナリスト 小田ユイコさん

成分のことから健康情報までこの人に聞けば間違いナシの、歩く美容辞典。刺激を受けやすい肌で、肌強化が課題。

 

化粧水でうるおいを呼び込んで“効く肌”に!

小田さん「私にとって化粧水は、お手入れのメインとなる美容液を引き込むためのプレイベント! 硬く乾燥した肌はどんなアイテムも拒絶してしまうので、化粧水でうるおして、やわらかく耕し、浸透しやすいお手入れの効きのいい土台にするんです。その際、ゆっくり丁寧に、うるおいの層を重ねるように塗るのがコツ」。


 

うるおいの層を重ねるミルフィーユ塗り

 1. 二刀流コットンで、プレうるおし

Image title

 化粧水を浸したコットンを両手に持ち、優しくスルスルと顔全体になじませていく。


2. 乾燥する目元は重ねて強化

Image title

目元にコットンを2~3分置く。その間に、目のまわりのツボを優しく押し、むくみ解消。


 

3. 乾燥しやすい頬も集中パック

(メイン画像)

さらにコットンに化粧水をプラス。乾燥しやすい頬にも2~3分コットンパックを。


 

4. 手のひらの仰ぎづけで浸透を促す

Image title

天井を仰ぐようにし、顔に手のひらを乗せる。手の重みと熱を利用しながら、入れ込む。

 

【次ページをチェック!】小田さんお墨付きの化粧水を紹介≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN