仕事もおしゃれも恋も! 働く女子共感ムービーセレクション『プラダを着た悪魔』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 0件

「本当にやりたい仕事に就けていない」、「仕事は楽しいけれどプライベートがままならない」など、働く女性の悩みは尽きません。そこで今回はアン・ハサウェイ主演のお仕事ムービーをご紹介。一見誰もがうらやむ華やかな業界でも、抱く悩みは普遍的。恋に仕事に奮闘するヒロインの姿を見れば、きっと前向きな気持ちになれるはず!

Image title

★今回のおうちでシネマ★

『プラダを着た悪魔』

監督/デイビッド・フランケル 出演/アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ ¥1419 発売元・販売元/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

<ストーリー>

ジャーナリストを目指してニューヨークへやってきたアンディが就いた職業は、一流ファッション誌「RUNWAY」の編集長、ミランダ・プリーストリーのアシスタント。おしゃれにとことん疎い彼女はミランダがどんな人物か知らず軽く考えていた。ところがミランダは、誰もが恐れおののくファッション界の重鎮。昼夜問わず浴びせられる理不尽な命令に、アンディの私生活はめちゃくちゃに。ついに恋人ともすれ違いが生じてしまう。


自分にも他人にも

厳しいプロの仕事ぶり

に圧倒される!

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

「日本人は誰かが何かをしてくれるだろうという甘い考えを持つ人が多いけれど、ハリウッドスターたちは自分の行動や発言に責任を持ち、プロとして必死で努力をした上で自己主張をする。厳しい世界で生きる彼らの仕事ぶりは、見習う部分が多いのよ」。

以前、海外スターの通訳を数多くこなしてきた先輩女性と話をしているときに、こう言われたことがあります。久しぶりに『プラダを着た悪魔』を見返したとき、この言葉をふと思い出しました。

映画の中ではワンマンで自己中な鬼上司として描かれているメリル・ストリープ演じるミランダですが、考えてもみてください。多くの編集者やデザイナーを束ねて企画の方向性を示し、あらゆる決断を瞬時に下しながら毎月結果を残さなければいけない……。想像しただけで胃が痛くなる仕事です。



おしゃれのヒントもいっぱい!

働く女子のファッション&生き方の見本!?>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN