腸内環境を整えてもっとキレイに! 便秘&汚腸に悩む人、必見です

ボディ

人にはききにくい、お通じや腸の話。便秘が続くと、体調だけでなくお肌にも影響が。「MAQUIA」12月号をチェックして、調子付いての知識を深めましょう! Image title

教えてくれたのは・・・

新宿大腸クリニック院長

後藤利夫先生

大腸ガン撲滅を目標に、無麻酔・無痛大腸内視鏡検査を開発。4万件以上もの大腸内視鏡検査の実績を持つ。


管理栄養士

金丸絵里加先生

料理研究家。女子栄養大学講師。フードコーディネーター。おいしくて健康になれるレシピ提案で人気。


小林メディカルクリニック院長

小林暁子先生

医学博士。便秘外来、内科、皮膚科など全身の不調に対応。“健美腸”をテーマにさまざまな啓蒙活動も行う。


ゲシュタルト研究所代表

砂沢佚枝先生

「マザーアロマ」主宰。腸もみ健康法を研究し、その普及に取り組む。腸によい食事や生活習慣にも精通。


モデル

市川紗椰さん

本誌をはじめ多くの女性誌で活躍。美腸マニアでもあり、著書『毒だし「美腸」スムージー』(集英社)も人気。


Q.腸って鍛えられるの?

A.食べ物で筋トレできます

後藤先生「腸粘膜の下には筋肉があるので、腸の動き=ぜん動運動を活発にすれば鍛えられます。食物繊維は腸のぜん動運動を活発にするので、しっかり摂れば腸の筋トレに」。


Q.おなかにガスがたまるのはなぜ?

A.腸内に悪玉菌が増えて、便が腐敗するから

後藤先生「腸内に悪玉菌が増えると、たんぱく質や脂肪を腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの有害ガスが発生。便やおならとして排出されないとおなかにたまります」。


Q.便秘の定義って?

A.毎日出ても残便感があったり、硬いコロコロ便なら便秘

小林先生「毎日〜3日に1回、爽快感がある排便があれば便秘ではありません。3日以上排便がなかったり、毎日出ても硬いコロコロ便だったり、残便感があれば便秘です」。


Q.健康的な便って?

A.黄色っぽくてバナナ状で、イヤなニオイがない便

小林先生「黄色っぽくてバナナ状で柔らかく、イヤなニオイがない便が、腸内環境が良好なことを示す理想的な便です」。


【次ページをチェック!】人によって違う大腸の形や、便秘の原因を探ります!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN