【垂れ乳、そげ乳、なだれ肉】STOP老け乳!加齢を防ぐ対策法を伝授します

ボディ
いいね! 15件

日本女性の約7割が“ブラ難民”と言われるほど、自分の胸に合ったブラ選びに迷っている女性は多い!  「MAQUIA」10月号に掲載中の、正しいブラの選び方・つけ方をマスターして、美バストを死守しましょ。Image title

美乳研究家

MACOさん

エクササイズ&マッサージ&食に気を配った生活で、半年でBカップからFカップへ4カップもサイズアップ。小顔と美乳の専門サロン「MALOOVE」主宰。

『寝ながら美乳 つけナイトブラ』(主婦の友社)で美乳作りのノウハウ公開。


あなたのおっぱいはどのレベル!?

体のエイジングを調べているワコール人間科学研究所によると、バストの加齢変化は左図のように段階的に進み、下垂はなんと20代からすでに始まっているというから驚き! バストの加齢を防ぐには正しいブラ選びが何より重要。


レベル0Image title

離れていないバスト。丸くハリがあり乳頭は二の腕の中間にあるのが理想。


レベル1Image title

まずは胸上部のボリュームがダウンして、脇側が削げた感じになってくる。


レベル2Image title

老化が進むと胸の下部がたわんできて乳頭が下向きに。30~40代が多い。


レベル3Image title

50~60代では胸が外側に流れるだけでなく、胸そのものの位置が下がる。


加齢によってバストはどう変わる?

MACOさん「皮膚の柔軟性・弾力性が衰え、バストが下がったり流れたり……これは重力のある地球に暮らす人間なら仕方のないこと。とはいえ皮膚の潤いを保ったり、リンパを流したり、また大胸筋などバスト周囲の筋肉を鍛えることで、予防と改善はできます!」


バストの構造

Image title

バストは乳腺と脂肪、クーパー靭帯と呼ばれる線維の束から成り、大胸筋が支えている。


OPEN MIRIによる立体構造でのバスト内部

Image title

20代と40代では乳腺と脂肪の構成比に違いあり。20代は乳腺の割合が多く、40代は減少。


【次ページをチェック!】老け乳をつくる原因はまだまだたくさんあります!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN