人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

糖質は敵じゃない! 18kg痩せたボディメイカーJUNさんの【3Days糖質オフダイエット】

ボディ

過去、大幅減量に成功した経験を持つ美のプロたちの「私はこうして痩せました!」という体験談をお届けする短期連載企画。今回のゲストは、3日間周期での糖質オフ生活を提唱する著書『3Days糖質オフダイエット』が好評なボディメイカーのJUNさん。ダイエットとリバウンドを繰り返していた日々を乗り越え、18kg痩せに成功した彼女のダイエットヒストリーをお届けします。

Image title

ボディメイカー
JUNさん

ダイエットとリバウンドを繰り返した経験からトレーニングや食の知識を身につけ、健康美を競うコンテスト、ベストボディジャパン横浜大会でグランプリに輝く。大幅減量に成功した自身の経験を活かし、より多くの人々にフィットネスの素晴らしさを伝えるべく活動中。6月に発売になった初の著書『3Days糖質オフダイエット』(学研プラス)が大ヒット中。


メリハリのある食生活で体重が減少!
話題の3Days糖質オフダイエットのQ&A


Q.ダイエットを始めた当時のきっかけは?

A.「中学時代からダイエットとリバウンドを繰り返していたのですが、転機は人生最大の68kgまで太ってしまった28歳の時。友人に海に誘われ出かけたものの、みんなは可愛いビキニを着て楽しんでいるのに、私はみじめに体型を隠すTシャツ&短パン……。このまま自分に自信が持てないまま生きていきたくない!と思いダイエットを決意。その後、健康美を競うコンテストであるベストボティジャパンの存在を知り、大会出場を目標にしてダイエットに取り組み始めました

Image title

左がBEFORE/右がAFTER

Q.成功したダイエットの内容・エピソードは?

A.「糖質を摂る量を3日間でコントロールする“3Days糖質オフダイエット”です。糖質を抜き続けたり、低糖質な食事を続けるのではなく、ご飯をしっかり食べる日or控える日、とメリハリのある食生活にすることで、ストレスを溜めずに続けられるのが成功のポイント

Image title

Q.具体的なダイエット方法は?

A.「“3Days糖質オフダイエット”では、糖質完全オフの日→糖質を2回食べる日→糖質を1回食べる日、という3日間のサイクルを繰り返します。私は寝かせ玄米で作る卵かけご飯が大好物なので、3日に1回我慢すればまた食べられる!というのを励みにしていました

Image title

寝かせ玄米で作る卵かけご飯

糖質を控える日は、お肉やお魚類などのタンパク質と、野菜やキノコ類を組み合わせたメニューを作ったり、手軽に食べられるチキンバーやプロテインなどを間食に取り入れて、1日4〜5食を食べて空腹を感じないようにしました。それでも物足りない時は、カリフラワーを細かく刻んだカリフラワーライスを使ってチャーハンを作るなど、なんちゃってご飯で満足感を得ています

Image title

カリフラワーチャーハン

Q.過去に失敗したダイエットは?

A.「食べないダイエットや単品ダイエットなど、ありとあらゆるダイエット法を試しては失敗してきました。一番の大失敗は、完全な糖質制限。2カ月間まったく糖質を摂らず週2回筋トレをしたところ8k痩せたのですが、卒業後は見事にリバウンド。もともと糖質が大好きなのに抜き続けたストレスがひどく、お店で目につくスイーツや菓子パンなどを大量に買い込んでは暴食する毎日。あっという間に太っていく自分に自己嫌悪になり、心身ともに辛い時期でした


Q.リバウンドしないために意識していることは?

A.「ダイエット前後の自分の写真を頻繁に見て、モチベーションを高めておく。たとえ食べ過ぎてしまったとしても、その日を3Days糖質オフサイクルのいちばん食べる日(糖質を2回食べる日)に設定して、翌日は糖質を控えてお野菜や繊維質をしっかり摂るなど、うまく調整するように心がけています

Image title

Q.ダイエット成功後の周囲の反応や、ご自身の変化は?

A.「ベストボティジャパン横浜大会の舞台に立ちたい!という目標を掲げてダイエットに取り組み、優勝するまでの経過をInstagramに載せていたのですが、『勇気づけられました!』『私も頑張ります!』『憧れます!』など多くの反響をいただきました。何度もリバウンドを繰り返して自信のなかった自分にとって、今までの努力が実った最高の瞬間でした。その後、ダイエットに悩む方々の役に立ちたいとの思いから、OLを辞めてトレーナー業に転職。今はお客様の中にも大会出場を目指す方もいて、そのサポートをするなど、充実した日々を過ごしています


Q.日常で簡単にできるダイエットのアイデアを教えてください。

A.「食事の間隔が空きすぎるのは良くないので、間食を小まめに摂るのがおすすめです。たとえば、タンブラーにプロテインの粉を入れて持ち歩き、飲む直前に水を入れれば、どこでもタンパク質が補給できるし、周りからは普通にドリンクを飲んでいるようにしか見えません。最近は携帯しやすいササミチキンバーなども種類が豊富なので、バッグの中に常備しておくとよいですよ

Image title

Q.ダイエットが続かない女性に向けてエールやアドバイスをお願いします!

A.「糖質制限が流行り、糖質=敵と感じる方も多いし、私自身もずっとそう思ってきました。でも、大切なのは糖質を怖がらず、上手にコントロールすること。あらゆるダイエットで失敗を繰り返してきた私が、“3Days糖質オフダイエット”できちんと食べるようになってからは、ストレスも感じず、ダイエットに成功できたので、是非トライしてみてください!


▶ダイエット成功者の体験談、続々!
前回までの記事はこちらから


※この記事はあくまでも本人の体験談に基づくものであり、効果・効能を示すものではありません。


取材・文/鈴木智美 企画/織田真由(MAQUIA ONLINE)

ダイエットの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN