「MAQUIA」4月号では、美容好きだからこそ陥りやすいスキンケアの落とし穴を、多くの肌を見続けている貴子先生がジャッジ! 

“やらなすぎ”も“クリニック頼りすぎ”もNG! 勘違いスキンケアを貴子先生がジャッジ_1

美容好きさんこそご用心!
やりすぎスキンケア注意報

〝良い加減〟が美への近道

松倉クリニック代官山 院長
貴子先生
美容皮膚科医。さまざまな媒体で医療の専門知識をわかりやすく伝えている。化粧品への造詣も深い。

<!>やらなすぎ

<!>やらなすぎ

ちょっとした刺激で赤みが出るし、花粉が飛び始めるこの時期は特に“触らぬ神に祟りなし”って感じ。

何もつけないのは 敏感になるだけ

貴子先生の「良い加減」
水すらしみる状態ならすぐに皮膚科へ。多いのは、乾燥に起因する乾燥性敏感肌。バリア機能が弱くなるため大気汚染や花粉に反応しより敏感に。水分保持機能が高いヘパリン類似物質配合のコスメなどを味方につけて。

aヘパソフト薬用顔ローション(医薬部外品) 100g ¥1500(編集部調べ)/ロート製薬 bカルテHD モイスチュア インストール(医薬部外品) 100g ¥2700(編集部調べ)/コーセー マルホ ファーマ

a ヒリつきがちな深刻な乾燥をケア。充実の保湿感。ヘパソフト薬用顔ローション(医薬部外品) 100g ¥1500(編集部調べ)/ロート製薬 b 潤いを逃さないオールインワンゲル。カルテHD モイスチュア インストール(医薬部外品) 100g ¥2700(編集部調べ)/コーセー マルホ ファーマ

敏感状態のときは洗顔も注意

POINT
敏感状態のときは洗顔も注意
就寝中の汗を取り除くために朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけか、Tゾーンのみ泡立てた洗顔料を使って。あついお湯すすぎはNG。

<!>クリニックに頼りすぎ

クリニックに頼りすぎ

定期的に美容医療をしていたら、セルフケアは適当でもOKでしょ。先生、お願いしま~す♡

美肌を作るのは 毎日のセルフケア

貴子先生の「良い加減」
ピーリングやレーザーの効果を最大限にしたり、効果を持続させるには毎日の保湿ケアが重要。故意に皮膚を損傷し、自己修復するわけだから、ホームケアは絶対です。これをしないのであれば、美容医療はしないほうがいいです。

美肌になれない 原因を今一度 考えてみて

MAQUIA 4月号
撮影/天日恵美子(モデル) 藤澤由加(貴子先生) ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉(モデル) 輝・ナディア〈Three PEACE〉(貴子先生) スタイリスト/程野祐子 モデル/鈴木愛理 イラスト/雨月 衣 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/横山由佳(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share