ただ色っぽいだけでは終わらない、滲み出るような気品や知性――。男性が思わず心を奪われるのは、色気のその先の奥行きを感じさせる“センシュアル”な女性。「MAQUIA」12月号では、今最も旬なアーティスト河北アニキが提案する究極のセンシュアルメイク3変化を、こじはる主演でお届け中。ここでは、起き抜けにナチュラルな美しさを演出する、スッピン風のセンシュアルメイクをお教えします。

Image title

朝のセンシュアルメイク

「男が目覚めたときに隣にいてほしいのは、ガッツリメイクでも、どちら様?状態な子(失礼)でもなく、すっぴんも可愛いな~なんて、夢を見させてくれる女性。だからこそ、彼と過ごした朝は少し前にベッドを抜け出し、すっぴん風な仕込みメイクを。薄づきのツヤベースで肌を整えたら、昨夜を彷彿させるような、赤らめた頬に染め上げて」(河北)


「こんな顔で誰かに、おはよって言いたいな……♡」(陽菜)


【次ページをチェック!】センシュアルなお泊り明けすっぴんメイク術はこちら≫≫

How toImage title

スキンケアの終わりに、パール大を額、両頬、鼻、あご先に5点置き。手のひら全体で素早くのばして色ムラをカバー。

A 資生堂 バイタルパーフェクション メーキャップ プライマーライト SPF30・PA+++ 30㎖ ¥5000


アイホール全体に指でアイカラーをのばす。目頭側はややオーバーに描き、求心的に。

B 資生堂 シマリングクリーム アイカラー BE728 ¥3000/資生堂インターナショナル 


三角スポンジにクリームチークをとり、クマの真下、鼻のすぐ横~目頭の延長下まで叩き込む。もの足りないかな?と思うぐらいの色づき加減がベスト。

C マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チーク PK312 ¥850


唇の中央からリップを指づけ。アウトラインはとらずに外側へとボカす。

D マジョリカ マジョルカ リップディップキス 88 ¥850(限定)/資生堂


MAQUIA12月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/佐山ミキ モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/谷口絵美 構成/中島 彩(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★こじはる くびれの秘密もIN♡【MAQUIA12月号の試し読みを見る】≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男性の理想メイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share