使うメイクアイテムによって、メイクの仕上がりが決まると言っても過言はありません! 「MAQUIA」11月号では、プロお墨付きの格上げメイクツールを紹介中。ここでは、メイクの縁の下の力持ち、スクリューブラシの選び方をお教えします。

Image title

【森ユキオさんのオススメ】

シュウ ウエムラ

森ユキオさん「眉毛やまつ毛の寝癖も、毛流れに沿ってひとなでするだけでナチュラルに整います」。

Image title

中央のふくらみが、まつ毛のカールにも密着。シンセティック マスカラ ブラシ コーン ¥700/シュウ ウエムラ


スクリューブラシを選ぶポイントは

ラグビーボール型Image title

森ユキオさん「中央に厚みがあるラグビーボール型なら、眉毛をとかすだけでなく、まつ毛のカーブにも使いやすいです」。


ナチュラルな立体眉に仕上げるには

毛つながりでまつ毛ケア

森ユキオさん「眉毛はもちろん、まつ毛をセパレートさせるのにも活躍。特にマスカラ前の粉はらいは念入りにすると黒が際立ち印象的に」。


スクリューブラシを曲げるのはなぜ?Image title

森ユキオさん「僕は人にメイクするので、やりやすいように角度をつけています。もし使いにくければ曲げてもOK」。


【高橋里帆さんのオススメ】

シュウ ウエムラ

高橋さん「眉幅よりちょっと細いので、眉が隠れずに確認しながら整えられるのがお気に入り」。

Image title

毛量がありながら、スリムで使いやすい。シンセティック マスカラ ブラシコーン ¥700/シュウ ウエムラ


スクリューブラシを選ぶポイントは

ブラシの密度

高橋さん「眉やまつ毛をしっかりとらえるには、多からず少なからずの毛量が必要。ヘッドが小さければコントロールもラクです」。


ナチュラルな立体眉に仕上げるには

眉頭をしっかりぼかすImage title

高橋さん「眉頭が濃いとキツい顔になってしまうので、ぼかすときには眉頭を中心に。眉尻をぼかすと印象が薄くなるので注意」。


ブラシのお手入れにはマスカラコームを使って

高橋さん「ブラシの特性上、眉マスカラやポーチの繊維が絡まりやすいので、マスカラコームで定期的にブラッシングを」。


【広瀬あつこさんのオススメ】

ディオール

広瀬さん「毛の密度が高く、眉毛に絡みつくようにとかしてくれるので、長めの眉でもきれいに整います。旬のナチュラル眉に欠かせません」。

短い眉もキャッチ。バックステージアイブロウ ブラシ ¥2500/パルファン・クリスチャン・ディオールImage title

スクリューブラシを選ぶポイントは

適度な密度

広瀬さん「最近は太く長い眉の人が多いので、ある程度の大きさと密度は必要。さらに持ち手のにぎりやすさにもこだわります」。


ナチュラルな立体眉に仕上げるには

眉頭以外はナチュラルにImage title

広瀬さん「眉頭は根元から上に向けて立ち上げ、それ以外は眉尻まで一息にとかします。眉尻まで一方向に仕上げるのが今っぽい」。


スクリューブラシは買わなきゃだめ?

広瀬さん「アイブロウペンシルの付属のものだとサイズ感を選べないので、自分の眉に合ったものを1本持っておくと安心です」。


【次ページをチェック】眉頭の立ち上げに便利なスクリューブラシは?≫≫

【中山友恵さんのオススメ】

マリークヮント

中山さん「とにかくブラシ部分が小さいので、眉頭の立ち上げや眉尻の毛流れを作るのに便利です!」。Image title

コシのある小さなヘッドが、眉頭にもフィット。スクリュー ブラシ ¥1000/マリークヮント コスメチックス


スクリューブラシを選ぶポイントは

ヘッドのサイズ感

中山さん「眉は小さなパーツなので、それに合わせてブラシも小さいものを選んで。細部までこだわれるのもツールのいいところ」。


ナチュラルな立体眉に仕上げるには

ぼかすのは眉頭だけ!Image title

高密度のものと低密度のものなら、密度の高いものを

中山さん「あまりに密度が低いとブラシの意味がなくなってしまうので、ある程度密度が高く、毛を1本1本キャッチできるものを選んで。密度が高すぎると逆に毛をとらえられないことも」。


【Georgeさんのオススメ】

アナ スイ

Georgeさん「スリムなヘッド部分としっかりとした持ち手で、コントロールしやすいところがお気に入り」。Image title

持ち手にボリュームがあり、指にかかりやすい。アイブロウ ブラッシュ・1 ¥900/アナ スイ コスメティックス


スクリューブラシを選ぶポイントは

何といっても持ちやすさ!


ナチュラルな立体眉に仕上げるには

ヘアスプレーを仕込むImage title

Georgeさん「眉をとかす前に、スクリューブラシにホールド力のあるスプレーをひとふき。眉の立ち上がりを長時間キープできます」。


眉やまつ毛以外にも、生えぎわのうぶ毛にImage title

Georgeさん「生え際のうぶ毛はコームよりもスクリューブラシで整えて。ふわっと自然にまとまります」。


MAQUIA11月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/広瀬あつこ George モデル/狩野明日香(マキアビューティズ) 取材・文/野崎千衣子 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫

テクニック不要! 【プロ推薦の本当に使えるフェイスブラシ5選】≫≫


エラ張り、一重まぶた、鼻のカタチなど【気になるお悩み、メイクで解決!】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share