シンプルだからこそ、仕上がりに差が出やすい眉。「MAQUIA」11月号をチェックして、ナチュラルな今どき眉を手に入れましょう! ここでは、読者からの眉のお悩みと、メイクアップアーティスト千吉良さんからのお答えをお見せします。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト

千吉良恵子さん

トレンドを取り入れた幸せ感あふれるメイクで、ジャンルや世代を問わず人気。愛称はちぎりん♪


★千吉良さん監修の特別付録【美人まつ毛&眉パーフェクトセット】の使い方はこちら≫≫


Q.三角眉になってしまいます…。

A.上辺もプレートでラインを取れます。Image title

千吉良さん「付録の眉プレートは上辺にも使えます! 下と同じく、プレートに沿ってペンシルでラインを引けば◎」。


Q.なだらかな眉尻が描けません…。

A.眉山に頂上を設けないこと。Image title

千吉良さん「眉山は一点で捉えてはダメ。なだらかな点の集合と考え、極端な頂上を作らないよう意識しましょう」。


Q.付属の眉ブラシでいいの?

A.問題なし! でも細めチップもおすすめImage title

柔らか眉に仕上げたい時はチップ使いも◎。千吉良さん「付属のブラシが今イチな時は、ぜひチップを試してみて」。


1. チップに取る

チップの面全体でアイブロウパウダーを取る。手の甲でチップをトントンとし、パウダー量を調整する。


2.全体にオン

チップの面を使って眉全体にパウダーをのせる。毛流れに沿って少しずつチップを動かして。


3.ふんわり眉に!

ナチュラルでふんわりとした眉が完成。ブラシで描くよりもエッジが目立たず、優しい印象に仕上がる。


Q.スクリューブラシは必要?

A.マストアイテムです!

千吉良さん「こなれ眉に仕上げるにはぼかしテクが必須!」。眉メイクの最後は必ずスクリューブラシ。これが今後のお約束!


【次ページをチェック】意外と間違っている人が多い!? 眉を描く順番を今こそ見直し≫≫

Q.眉はどこから描きますか?

A.下辺の黒目上→中間〜眉尻→眉頭の順で。Image title

千吉良さん「眉の下辺→中央から眉尻→中央から眉頭の順で描きます。毛が密集している眉頭は最後に、流れを整える程度に留めるのがコツ」。眉頭上は描きすぎると険のある表情に見えるので注意。


Q.千吉良さん愛用の毛抜きが知りたい!

A.資生堂、KOBAKOは使いやすくて◎!

千吉良さん「毛抜きは先端がカーブしたものが毛をしっかりキャッチできて好みです」。しっかり毛の根元を掴めるアイテムなら、抜いたときの痛みも軽減できる。


短い毛もスムーズにキャッチできる!Image title

計算しつくされたバネの力で、スムーズに眉毛を抜くことが出来る。アイブローニッパーズ211 ¥1300(ケース付き)/資生堂 


軽くて扱いやすく持ち歩きにも◎Image title

細く短い毛もしっかりキャッチしピンポイントで処理完了。刃先を保護するキャップ付き。KOBAKO ツィザー ¥1800/貝印


Q.下がり眉はどうすれば今っぽくなりますか?

A.眉頭を足して、眉尻を上げて見せて!Image title

千吉良さん「鼻筋に繋がるよう、ノーズシャドウ風にパウダーで眉頭を足して。眉頭を下げることで逆に眉尻を上げて見せます」。


Q.描き間違えた! どう直せばいい?

A.スクリューブラシにお粉やFDをつけて。

千吉良さん「一度描いた眉を全てオフするのは至難のワザ。お粉などをスクリューブラシにつけてぼかせば、気になる部分だけ簡単レタッチできます!」


MAQUIA11月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/林田岬優 逢沢りな(MORE専属) 取材・文/畑中美香 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫

★今どき顔になる眉メイク法☆ 秋の美人眉は軽くカーブをつけたこなれ眉で決まり≫≫


エラ張り、一重まぶた、鼻のカタチなど【気になるお悩み、メイクで解決!】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share