この秋主役にしたい「赤」を使ったトレンドメイクを岡野瑞恵さんが提案。腫れぼったく見えがちな赤シャドウをおしゃれに使いこなすテクニックを教えます!

赤シャドウ おすすめ

唇に、まぶたに、まつ毛に、眉に。
この秋、「赤」が私を強くする

時にパワフルに、時にセンシュアルに。今取り入れたいのは、私をちょっと大胆にしてくれる赤コスメ。色調もアイテムも豊富に揃って選びやすくなった赤を、この秋の主役に!

岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップアーティスト

岡野瑞恵さん

鮮度も肌映えも叶える
ポジティブな赤を味方に
マスク生活が当たり前になり、リップやチークの血色に頼りきれない今、積極的に取り入れたいのが赤コスメ。「赤」と聞くと、強くなりすぎたり、個性的になってしまったりと敷居が高いイメージの人も多いかもしれません。でもこの秋は目元にも眉にもデイリー使いしやすい赤コスメが続々登場。効かせても、なじませても今っぽく鮮度が高まり、肌映えまで叶えてくれるので、取り入れなきゃ損!

まぶたに、赤。
腫れぼったくなる……なんてイメージは今や昔。使いやすく進化した赤シャドウは、組み合わせ次第でカジュアルにも、ドラマティックにも印象自在!

ブラウンに赤を重ねる。
こなしやすいのに今っぽい

定番ブラウンを旬顔にアップデートしてくれるのが赤の魔法。目頭と目尻に赤を挟み、中央のブラウンとブレンドすることで目元の丸みを強調しながら、じゅわっと微熱感のある発色に。いつものメイクに深みが増し、ムードが高まる。

HOW TO MAKEUP

HOW TO MAKEUP
上まぶたのアイホール全体&下まぶた全体にA-aを広げる。さらにA-bをブラシに取り、目頭と目尻にふんわりと重ねる。境目はきっちりせず、曖昧にぼかすのがポイント。頬骨の高い位置にB-aを。やや中央に寄せてピュアな表情を引き出して。チークを乗せた部分の境目をB-bでぼかし、ほのかなツヤをプラス。唇全体にCを塗り、軽くティッシュオフ。

A ドルチェ&ガッバーナ アイラブハート ¥8470/DOLCE&GABBANA BEAUTY(限定品)

A ゴールド〜ローズレッドのバリエ。ドルチェ&ガッバーナ アイラブハート ¥8470/DOLCE&GABBANA BEAUTY(限定品)

B ルナソル カラーリンググレイズ EX05 ¥6820/カネボウ化粧品(11/19限定発売) C コンスピキュアス リップス 19 ¥4950/アンプリチュード

OTHER ITEMS
B 血色チーク×ハイライトがセット。立体的な顔立ちをメイク。ルナソル カラーリンググレイズ EX05 ¥6820/カネボウ化粧品(11/19限定発売) イノセントな甘さを演出。透け感と高発色を両立。コンスピキュアス リップス 19 ¥4950/アンプリチュード

MAQUIA 11月号
撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵 スタイリスト/平田雅子 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/谷口絵美 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年11月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share