ヘアメイクアップアーティスト・犬木 愛さん曰く、大人のメイクに必要なのはずばり“抜け感”。「MAQUIA」12月号では、その“抜け感”を叶える“80%抜け感メイク理論”にフォーカス。

Image title

大人の余裕はメイク80%
抜け感メイクの作り方

HAIR & MAKE-UP ARTIST
犬木 愛さん

“頑張りすぎない”が合言葉!
80%抜け感メイク理論

「肌もパーツも全力投球のメイクは、スキがなくて人を寄せつけない印象に見えがち。頑張り過ぎずに抜く部分を作ると、それが余裕となり、誰からも好感を持たれやすい顔に仕上がります。私が思うベストバランスは、80%に仕上げるメイク。色の選び方でも抜け感は作れるし、濃さを0か10ではなく5で抑えるテクニックも有効です。顔立ちとのバランスも考慮して、トータルで80%の完成を目指して」

大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_1

Q.どうして80%なの?

「洋服のボタンと同じ。
きっちり過ぎず、だらしなさ
過ぎずの絶妙な塩梅」

食事でもなんでも、八分目ってちょうどいいんですよね。シャツのボタンで言うなら、1つ外すくらいがこなれて見える八分目。メイクも70%では雑に見えるし、90%では抜け感が出ない。程よいスキを出せるのが80%なんです

大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_2

Q.ただの手抜きに見せないポイントは?

「くすみを残さない」

くすみやシミなどのアラが残っていると、メイク全体が雑な印象に。厚塗りに見えないよう、面は薄く、気になる部分のみコンシーラーを使って点でカバーを。目尻や口角の処理が汚いのもだらしなく見えるのでNG


1 赤みを含む色調になっており、口角や小鼻のくすみ対策に最適。クリエイティブコンシーラー EX SPF25・PA+++ ¥3500/イプサ 
2 ソフトフォーカス効果で気になるシミをふんわりカバー。ソフトマットコンプリートコンシーラー 1280 ¥3400/NARS JAPAN

大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_3

Q.抜け感メイクで大事なことって?

「透明感」

“スキがあるメイク”とは、品がないことではありません。むしろ引き算をする時こそ品格が重要で、そのカギを握っているのが肌の透明感。ピンク下地でしっかりトーンアップさせて、上品な印象に仕上げること

Image title

肌に温かみを与えるピンクのプライマーは、つややかな質感も◎。ルナソル カラープライマー 01 SPF25・PA++ 30㎖ ¥3500/カネボウ化粧品

大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_4
大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_5
大人に必要なのは“抜け感”! 犬木 愛流・80%抜け感メイク理論を深掘り_1_6


MAQUIA12月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/森 絵梨佳 取材・文/真島絵麻里 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share