「MAQUIA」3月号では、「また会いたい」と思わせる引き寄せメイクのポイントを、人気占い師・ゲッターズ飯田さんがアドバイス! 今回は、大人の余裕やナチュラルな血色感を感じさせるリップ&チークメイクをピックアップ!

Image title

人気占い師・ゲッターズ飯田さん

芸能界最強の占い師として、約5万人を超える人々を占う。『ゲッターズ飯田の運の鍛え方』(朝日新聞出版)など著書多数。


この人こんなに大人っぽかったっけ?

男性が『また会いたい』と意識するのはそんな瞬間。

「男性は“可愛い”より“大人っぽい”に惹かれる生き物。恋愛感情をうまく刺激できる女性は、ローズなどシックなカラーをセンシュアルにまとっているのが特長。お目当ての彼の気持ちをうまく引き寄せているんですね」。リップとチーク、2つのパーツを同系色で揃えて、こなれた大人印象に。


シックなローズをラフにつけこなすのがカギ!Image title

(右から)みずみずしく深みのある色合いは、誰もがこなれた印象に。ルージュ ヴォリュプテ シャイン 48 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ スモーキーなローズレッドが表情をセンシュアルに。チーキーシークブラッシュ05 ¥3000/THREE


「また会いたくなる」メイクポイント

ローズ色を頬と唇に


【LIP】Image title

口紅をリップブラシにとり、唇全体をラフに埋める。仕上げに指でポンポンとなじませ、印象をやわらかく。


【CHEEK】Image title

チークをブラシに含ませたら、耳の手前から頬骨に沿ってすべらせる。2回繰り返し、輪郭を指でぼかす。


【次ページをチェック!】記憶に残る血色メイクを紹介します>>>

人の記憶に残るのはただの美人じゃなく血色のよい人。Image title

「特に男性は、女性の顔の造りが美しいかどうかなんて、気にしてません。では何に魅かれるのかというと、私の分析によれば、それは女性の“イキの良さ”なんです。肌や唇が生き生きと色づいている人を目の当たりにすると、人は自然と脳にその印象をインプットしてしまうもの。メイクでがんばるなら、目ヂカラよりも血色感、だと断言できますよ!」

Image title


ナチュラルな血色感はピュアレッドで叶えて

(右から)Image title太陽に寄り添うポップなレッド。透けるような発色で肌の色に溶け込んでくれる。チーキーシークブラッシュ 06 ¥3000/THREE 

レディな深紅。ベルベットのような質感。リップクレヨン アップタウン¥2300/アディクション ビューティ(限定)


「また会いたくなる」メイクポイント

ぼかしリップ&チーク

【CHEEK】

Image title1.ブラシにチークをたっぷり含ませる。頬の内側からサイドに向かって、頬骨に沿ってふんわりとのせる。Image title

2. ブラシに残っているチークを頬の内側にポンと重ねる。頬がふっくら立体的になり、紅潮感がアップ。


【LIP】

Image title

 1.上下の唇の内側にリップを塗る。中央に真っ先に色をのせることで、内側からじゅわっとにじんだように。


Image title

2.アイシャドウチップを使って唇全体にリップの色をぼかしながらなじませる。輪郭は曖昧でOK。


MAQUIA3月号

撮影/天日恵美子(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three Peace〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/泉 里香 三宅ひとみ 取材・文/石橋里奈 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share