「MAQUIA」3月号ではヘア&メイクアップアーティスト信沢Hitoshiさんが提案する春色メイクを掲載中。今回は、可愛いだけじゃなく、遠目からも強い印象を与えられるイイ女メイクの作りかたをお届けします!

Image title

接近戦だけじゃない。

遠目にもぐっと女っぽい!

眉下までピンクをぼかし、ブラウンで締めたシンプルなアイメイク。「可愛いだけにならず、でもピンクが効いて女性らしい。メイクは遠目の印象も大事。唇ににじんだ赤が、遠目から見ても効果を発揮」


【次のページをチェック】使用アイテムはたったの3つ! How toを紹介します≫≫

Items

NOBUSAWA's 春パレット

Image title

やさしいパステルと輝きを詰め込んで

キラキラピンクに透明感のあるブルーとグリーン。淡いパステルカラーでも、重ねると自然な立体感が生まれる。マキアージュ ドラマティックムードアイズ 21 ¥3000(編集部調べ)/資生堂(3/21限定発売)


NOBUSAWA's 春リップ

Image title

可愛くなれる、澄んだみずみずしいレッド系

ピュアな血色ピンクとレッドの組み合わせ。マキアージュ デュアルカラールージュ 21 ¥2500(編集部調べ)/資生堂(3/21限定発売)


Other Item

Image title

ダメージをケアしながらつややかなロングに。インテグレートマツイクガールズラッシュ(お色気ロング)¥1200(編集部調べ)/資生堂


EYE

ピンクシャドウを眉下に配置するのが重要ポイント。甘いながらも引き締まって、キリリと美人なまなざしに。

Image title

Image title


Use It!

Image title

溶け込むように肌にフィットして、美しく持続する。マキアージュ ドラマティックムードアイズ 21 ¥3000(編集部調べ)/資生堂(3/21限定発売)

Image title

1 眉下からピンクを入れてぼかす

Image title

眉下をねらって、aのピンクを下向きにぼかし込む。甘く彩りながら、眉をきりっとした印象にチェンジ。


2 上下のキワにチャコールラインを

Image title

上下のまぶたのキワに沿って、cでラインを。ただし、下ラインは目頭&目尻を少しハズして引いて。


3 ラインを太くぼかして締め色に

Image title

の上下のラインを太くぼかして、フレーム感を強調。ライン中央にチップをあて、左右に動かしていって。


4 目尻下に光を忍ばせて目幅拡大

Image title

目尻下のくぼみをねらって、bのブルーを三角状にチョンとのせる。このひと手間でさりげなく目幅が拡大。


LIP

Image title

リップのピンクのサイドを全体に直塗りして、ティッシュで押さえて密着させる。

Image title

リップの赤を、ブラシで唇の内側だけに塗り、軽くぼかしてなじませればOK。


「MAQUIA」3月号

撮影/ 柴田文子〈étrenne〉 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/信沢Hitoshi KUBOKI 〈Three Peace〉CHIHARU スタイリスト/後藤仁子 モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/巽 香 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share